51zp9rv45el

「ボクの飼い主はとっても優しい。そう、誰にでも優しいんだ。だからある日ボクは家を出た」。ホレイショは、飼い主のケイシーさんにとってもだいじにされていました... 続き

コメント

住んでいるウチで色々あってもううんざりだ…と感じた雄の猫、ホレイショが家出をしたら大変な目に遭ってしまうという本。ホレイショが次から次へと大変な目に遭うさまが少しユーモアな感じを含みつつも読んでいてドキドキハラハラします。犬に追いかけられる、子猫2匹に絡まれる、雨が降ってくる、お腹が空いたと鳴く子猫たちに鼠を捕って食べろと言ったらミルクが欲しいとゴネられる…。スリリングな場面の数々。これ最後はどうなるのかと思いましたが、結局は元の鞘におさまったねと。ラストの安心感とホレイショの顔が味わい深い。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

文芸

銀河食堂の夜

銀河食堂の夜

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

一編の題名が居酒屋客の語り人の字名で、笑えました。ラストは名無しの「セロ弾きの豪酒」で、謎も完結という構成です。心温まる下町人情話しと思いきや、悲しい話が多いです。それでも、心があったかくなるのは常連さんのおかげでしょうか。 乗り越えて今がある話に心が救われます。

約9時間前

つるかめ助産院

つるかめ助産院

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

子供を妊娠した時の事、十月十日の体の変化や気持ちの不安定さ、涙かどうしようもなく流れてくる感じ、体は本当に自然の一部なんだと思います。 妊婦さんを「育む人」と呼ぶの、とっても素敵だなと思いました。

約11時間前

Icon user placeholderCba3559f 2040 495e 911b 953916d3cd38Icon user placeholder 9