41crqouhxel

両親を亡くし、英国エセックスの伯父の屋敷に身を寄せる美しい兄妹。奇妙な条件のもと、その家庭教師として雇われた「わたし」は、邪悪な亡霊を目撃する。子供たちを... 続き

コメント

女性同性愛的だと感じたら、やはり解説にもそんなことが。本当に亡霊的な現象なのかそれとも妄想のようなものなのか、という問いを事前に聞いていたので考えながら読んだけれど、やはりどっちとも判断がつかない。それを誘っているのだろうか……。

怖い小説として有名だが、ホラーに溢れた現代では然程怖くはない。作中で起こる事件の原因は登場人物の主観では幽霊の所為と説明されるが、一方で確信犯的に、抑圧された人間の盲執だと解釈する余地を残すような記述となっている。無意識や欲望の存在が今ほどオープンに受け入れられていなかった当時の読者にとっては、この確信犯的な曖昧さは社会規範に対し挑戦的と映ったのではないか。そういう時代の文脈を考慮に入れて読むと興味深い。逆に言えば、そのような観点を抜きに純粋にホラーやエンターテインメントを期待して読むと満足出来ないかもしれない。

読者

5b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a3D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cF614cf0e a0c4 4301 915f eeea2cb2840b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fBd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb26c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9 10人

ヘンリー・ジェイムズの本

ねじの回転デイジー・ミラー

ねじの回転デイジー・ミラー

85e2f0f7 8fa8 43b3 a4ba 681b56bb0cd5

杏仁

海外古典 / サイコホラー

海外古典作品のなかで一番好きです。 女家庭教師と2人の子供達と幽霊の話です。読み進めていくうちにだんだんと恐ろしさが感じられます。グロテスクな描写は一切なく、ただサイコ・ホラーです。貴志祐介や乙一が好きな人にオススメです。 また、この話は最後まで女家庭教師と2人の子供達のどちらが狂っているのかが解らない、というのが最大の面白いところです。訳によっても見方が変わってくるので、何冊も読んでみるのも楽しみの一つだと思います。

約2年前

復讐

復讐

5a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745

La gazette du Livre

とても偏愛に満ちた書籍ばかりを連…

書物の王国シリーズ16巻目。 復讐をテーマに集められた極上の短編集。三島由紀夫、フォークナー、ボッカッチョ、中島敦、ストーカー、川端康成などなど。

約3年前

ねじの回転

ねじの回転

5a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745

La gazette du Livre

とても偏愛に満ちた書籍ばかりを連…

松岡正剛氏の千夜千冊を参照。 前日談として描かれた映画『妖精たちの森』も合わせて。

約3年前

2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febIcon user placeholderE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400