313mm9vzlyl

コメント

いま僕らが食べているピッツアがほとんどアメリカが造ったともいえないのはなんとなくわかるけど、
マルゲリータですら歴史がほとんど無いのは驚いた。歴史を考えるとただの食べ物ではなく、新大陸へ渡った移民達の想いも垣間見れて面白い

読者

1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda4088e456a4 57e6 4492 bb90 7322706f9006Icon user placeholderEaaeffb0 e338 42b8 b6a5 cae5d1e12f29Ac727159 9afb 47d0 b44d b18d1fdf86fd7d7163b5 7acc 40ef 97e7 94d13d92a926 19人

新書

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

lAube

本と映画と旅が好き。

「聖なる巡礼者/俗なる巡礼者」という二分法を丁寧に解体し、「宗教が自明のものでなくなった現代世界において、聖なる場所や聖なるものがどのようにして社会の中に姿をあらわすのか」(p.v)考察した1冊。 聖地は以下の4つの類型に分けられる。(a)制度的聖地、(b)共同体的聖地、(c)イベント的聖地、(d)個人的聖地である。 著者は、多様な価値観や世界観がフラットに存在する現代社会を背景に、個人と個人が何かを共有できる可能性をもつものとして、聖地に可能性をみる。 宗教と社会が新しい関係を結ぶ中で、記憶ー場所ー共同体といった概念が今後どうなっていくのか(べきなのか)、考えさせられます。

7日前

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c8b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a