51h mo5rdrl

「戦いまする」三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家... 続き

コメント

所々に作者の時代の解説があるので歴史に興味が持てました。
内容も面白くて2冊とも一気に読んじゃいました。

その他のコメント

戦いの回数が少ないのは不満があるが、面白い小説だと思う。もっと早く読めばよかった。

読みやすい、そして気分爽快。諸将それぞれの性格が読み取れて、読んでて楽しい!

”有能なるもの敵には無能を示せ”

総大将同士のまるでスポーツマンシップのような誠実さが好きだった!

読者

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e53C904beea 65eb 4802 b147 efa6a6fa1cf1Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1Icon user placeholder9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991 21人

和田竜の本