51ab4m2hrjl

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう... 続き

コメント

生涯に一度、こういう働きができたら名将なのです。

歴史物なのにサクッと読める痛快な作品。はやく「村上海賊の娘」、文庫化しないかな〜。

歴史物苦手な僕でも読めた

気張らずに読める歴史小説。面白かった!

天下統一を目前にした豊臣方の大軍団を小さな勢力が打ち負かすのは本当に爽快。
一般的に悪役として描かれることの多い石田三成も、この作品の中では(特にラスト)好感が持てた。

でくの坊と馬鹿にされ、城主として期待もされていない主人公。その主人公の領民を思う気持ちと石田三成率いる大軍勢に啖呵を切り戦を始めるその大胆さに最後まで手に汗をに握る興奮がありました。人徳とはこういうことかな?とか考えさせられる一冊でもありました。

読者

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3119b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f748f8c2b63 04d7 44ac a966 470248e506e051aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb163c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d134ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb606fd0c424 47d4 47bf 9b28 ccdedbaaec28 21人

和田竜の本

村上海賊の娘(四)

村上海賊の娘(四)

F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10

にくろら

読んだ本、読みたい本のメモ用 基…

あぁついに読み終えてしまった…四冊目は『激戦』 読み応えのある四冊目やった 戦闘描写が素晴らしい! 第二次木津川合戦もある意味読みたかったなぁ!

1年前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f749160443d f74c 448a 9541 de36f8ebe2cbA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32 18