41vi clglel

はじめて愛したひとは好きになってはいけないひと── わかっていたけれど離れられなかった 誰にも内緒で好きでいれたら うちのめされ逡巡しながら 16才年上の... 続き

コメント

わかっちゃいるけど、つらいっす。

切なさmaxで駆け抜けるこのお話。

世の中の『正しさ』は きっと俯瞰で見ないと語れない、客観的だからこそのものであって、だから時々自分の事として起きた事に対して、すぐに世の中一般の『正しさ』を適用できなくなることがあるんだろう。

読者

Af02b44f af66 4b84 8a80 3c06327c854d0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee42d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd6673E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aB85470f5 26e2 4014 bda3 f5a78ca2f894880d5e72 80e3 47f0 8394 0e9677a95e5203a1bf26 fa8c 4a92 90ae a39403b4e45b13a02678 3ae3 405a 8439 fc1b32da342b 10人

谷川史子の本

他人暮らし

他人暮らし

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f

ほんのむし

2018年32冊目。一番最後の短編、夢の話が出てきたとき、鳥肌がたつくらい心がざわついた。学生の時、おそらく古典の授業でぼんやり聞いた、夢の話。これだったのかぁ。/ 201802

約1年前