41do0eyabdl

コメント

待望の二巻。。。足の浮くようなときめきが、こんな苦しい展開になろうとはー (。ŏ﹏ŏ)

なんだか思わず ぎゅっと目をつむってしまう。つらいー(>_

その最後は...反則だよ...。。

ちょっとイケナイ恋の話。ジンジンする。

共感はしないけど、どんどんキラキラ、かわいくなる与ちゃんを見ているのが辛い。

読者

F63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b1C9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb211700a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92099ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a16b9146f 59ee 4358 8089 970600aebbfdEbb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c05fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cbAc4f0ea1 7dbd 4f6c ab90 038a1d049f8d 11人

谷川史子の本

はじめてのひと 3

はじめてのひと 3

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b

ふるーつぐみ

好き→お菓子作り、毛糸、絵、ねこ…

わかっちゃいるけど、つらいっす。 切なさmaxで駆け抜けるこのお話。 世の中の『正しさ』は きっと俯瞰で見ないと語れない、客観的だからこそのものであって、だから時々自分の事として起きた事に対して、すぐに世の中一般の『正しさ』を適用できなくなることがあるんだろう。

3か月前

Af02b44f af66 4b84 8a80 3c06327c854d0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee42d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd6673 10
他人暮らし

他人暮らし

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f

ほんのむし

2018年32冊目。一番最後の短編、夢の話が出てきたとき、鳥肌がたつくらい心がざわついた。学生の時、おそらく古典の授業でぼんやり聞いた、夢の話。これだったのかぁ。/ 201802

12か月前