41wr9z2bzcl

西欧文明中心の近代に終わりを告げ、現代思想に新しい地平を拓いた構造主義。レヴィ=ストロースの親族・神話研究の、鮮やかな方法と発想の背景に見えてくる、ソシュ... 続き

コメント

遠近法や数学が構造主義にどう繋がっているのか。面白い。
レヴィ=ストロースから様々な人や本に広がっていく。

その他のコメント

実存主義から構造主義へ、その流れが、わかりやすく解説してくれます。この本を読んで、レヴィ=ストロースの「悲しき熱帯」買ってしまったもの。(笑)

P181 もしかすると、人間の思考のレパートリーはあらかじめ決まっていて、それを入れかわり立ちかわり、並べ直しているだけなのかもしれない。

読者

25edfd0f f9a6 40d8 891b f956daeffca5C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d545aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77aC33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947B48ba323 5ce2 4704 a574 10e58225830c71f22d9c d011 4388 a625 6db6f0305377 21人

橋爪大三郎の本

クルアーンを読む カリフとキリスト

クルアーンを読む カリフとキリスト

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed

sasamiwa

ソーシャル系の企画・広報やってま…

イスラムを少し勉強してみたいと思って読んでみた。キリスト教も、イスラム教も、ユダヤ教も基本構造や性質をは一緒で、アダムから人類が生まれたとしているなんて知らなかった。 また、イスラームは死んだあと、天の使者に生前のことを聞かれて、ちゃんと答えられないといじめられた後寝ちゃうそうです。で、最後の審判の時にむくりと起き上がる。 予言者や偉い人はそのまま天国へ直行できる。 ジハードは、死んでいるように見えるが、死なずに天国に行けるという。だから、喜んでジハードで死ぬ人がいるそうです。 キリスト教はイエスを信じるか、そこが一番大事なところで。ユダヤ教は、それが出エジプト。それぞれお祭りがあるが、イスラムはそういうことはない。 衝撃だったのは、最後の審判の日、ペット(全ての動物)がどうなるかと言うと、生ゴミとして処分されると言う!ひどい!!涙 2018.01.05

10か月前

正しい本の読み方

正しい本の読み方

6db0fa62 482e 4488 b0d5 0d85cc0f4dc5

Kawashima Yuya

のんびり生きてる人。

本の読み方、というと速読法とか技術の話なのかと思っていた。そうではなくて、本を読むときはその背景や他の本との関係性を読み取ろう、とか、本との長い付き合い方、本の楽しい読み進め方を教えてくれる本でした。特に新書を読む際は活かしやすいかもしれない。文体が柔らかく、久方の活字!という私でも楽しく読み進められました。読書をもう一度趣味にしよう!と思っている私のような人にぴったりの本。

1年前

Icon user placeholderAcbc8eb4 6e36 406c a692 aaac29d33c8c25edfd0f f9a6 40d8 891b f956daeffca5 39