51v13pl823l

1 きほんの本づくり 2 表紙をかえてオリジナルをつくる 3 思い出を綴じる 4 本づくりのテクニックで小物をつくる 5 素材をそろえる 6 本づくりの基...
続き

コメント

紙を束ねて折って綴じる。手で綴り、本をつくる、手製本の本です。手順写真を豊富に、わかりやすくしてみました。

その他のコメント

いつか本を手作りしてみたいと思っていた。
ハードカバー、和綴じ、豆本をはじめとした様々な本の作り方を、カラー写真で一工程ずつ丁寧に説明してくれるのがありがたい。
道具や材料も自宅にあるものや、すぐに手に入るもので間に合いそうである。
特に、文庫本をハードカバーに改装するのは以前から興味があったのですぐにでもはじめたい。

読者

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df26862959f 9487 4b02 9c01 5a05a1a47905Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd403fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b 5人

人文

人はなぜ突然怒りだすのか?

人はなぜ突然怒りだすのか?

3bad9755 7e84 44cb 91b0 fa8c244c8ad8

小躍り太郎

好きな作家さん

この本を読み終わり、幸か不幸か運転中ウインカーも点けずに、無茶な割り込みをしてきたタクシーがいた為、ブリージングをしてみましたが、僕の怒りは抑える事ができませんでした。 どうやらブリージングには、向き不向きがあるようです。

約9時間前

真っ赤なウソ

真っ赤なウソ

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

『遺書』でまた話題になってる養老孟司さんのエッセイ。 『バカの壁』とは違う、 もう開けっ広げにフリーダムな書きっぷりが痛快でした。 その痛快さが楽しくもあるんだけれど、 ゆとり世代の自分と、戦時を知る養老さんの考え方の乖離に、 ページをくるたび愕然とさせられる。 個人的には「死ぬことと本気で生きること」が響いた。

2日前

もう迷わなくなる最良の選択: 人生を後悔しない決断思考の磨き方

もう迷わなくなる最良の選択: 人生を後悔しない決断思考の磨き方

55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120

Ayamura

本は通勤の友

読んだ時はわかるが、ちゃんと理解して考えて方に反映するには、何度も必要なタイミングで読み返したい本。 感情ではなく、理性で判断する。 頭でわかっていても、感情が前に出てしまいがち。 その時に、理性だ!と、すっと頭を切り替えるには、考えて方のクセを直さねばと感じた。 選ばなかった道のことは考えない。 たしかに、 選択しなかった事の未来はないわけで、 もし違う選択をしていたら?と考えても、 そこで想像した未来なんて、きっと自分の都合のいい青い芝生でしかない気がした。 選んだ道を一生懸命にやるだけ。

3日前

天帝尊星 霊符秘密集伝

天帝尊星 霊符秘密集伝

558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793

リジチョー。

NPO法人読書普及協会リジチョー…

たしか龍体文字研究家の方がされていたと記憶しているけれども、靈性豊かな文字に手をかざすと、約10cmほど手を離しても、或る種の氣を感じるという。 そのなかでも龍体文字は30cm離しても、氣を感じるから書物をだしたそうだ。 ところで、たしかな靈符となると、その氣たるや文字の比ではなくなる。 本書は秘密と云いながら、それらを堂々と公開してしまった確信犯的な一冊である(笑)。 私は密教に即した書き方で、木製の御朱印帖に草してきたのだが、だいぶ救われ、そして守られていたのだと感じざるを得ない。 #リジチョー。

3日前