513sy8zhddl

コメント

初めて自分のお金で買った、記念日的な本。たくさんのファンタジーと心をくれた。 #いか文庫社員

「分厚い本」をこれで初めて読みきってひとつ大人になった気分でいたのを思い出しました。「これは別の物語、いつかまた、別のときにはなすことにしよう」このフレーズがなんだか好きでした!

地元の本屋の棚の高〜いとこにホコリかぶって一冊だけあってドキドキしながらお店の人に取ってもらってお年玉で買った本。
こんなにドキドキワクワクしながら読んだ本はない。
特別な本。

改めて読んでみたら、物語といい装丁といい、本というものを本当に良く表しているなぁ… と感心しきり。

装丁の話で一番に思い出す本。久しぶりに手に取りましたが、装丁の意味に気付いた時の感動は今でも忘れられない。

初読は図書館の本でしたが、その後初めて自分のお金で買った本。今でも初めて読んだ時の高揚感と臨場感を覚えています。本好きにはたまらない本。

小学校時によんだ。小さいながら虚無とゆうものに恐怖を覚えた。

本というモノへのこだわりのきっかけは間違いなくここから。あの日のBBBは彼であり、あなたであり、わたしである

小学生の頃に学校の図書館で出会った一冊。期限内に読めずに返しては借りての繰り返し。中学生になってからも忘れられず、買ってまで読んだ。読書の感動はこの一冊からはじまった。

この本を図書館で借りて読んでいた子供の頃、学校に行く前に読んで、帰ってきて読んで、夕飯もさっさと食べて読んで寝る前に読みました。

読んだ。
小学校の図書館の奥の棚にあって、きっと長くて読みきれないだろうなぁと思っていた作品。大学生になってから?ふと思い出してやっと読みました。

すごく楽しかった。あの頃読んでいたら、もっともっと本を読む子になっていたかもしれない。ミヒャエル・エンデにはまる作品。長いけど、きっと子供でも読める。大人でも楽しめる作品。

本の出てくる本が好きです。ソフィーの世界とか。

小学生の頃、読むのにすごく時間がかかったけど、読めてよかったと思える1冊

生まれたばかりの物語には既に大昔がある。素敵だなあ。
子どもの頃に感じたワクワクが詰まっていた。そして、あの頃には響かなかった言葉が今は響く。また月日が流れたら読みたい物語。
装丁も堪らなく好き。

2015.04.15 読了。

モモでエンデに興味を持って、はてしない物語で好きになった。何回でも読みたい。

ネバーエンディングエバーラスティングストーリー

読者

Cc131137 6c75 4a32 93ba 0d561397db9b978b6559 0357 4f22 a9f8 108e8e53bcdfIcon user placeholderA76b3b5b c2b8 431c b326 88beea67e44bEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a0908e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c56220fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15b21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff 105人

ミヒャエル・エンデの本