51yeu4zfu9l

8歳の清少納言は、帝の后である17歳の中宮定子様に仕え始めた。宮中の雰囲気になじめずにいたが、定子様に導かれ、才能を開花させる。しかし藤原道長と定子様の政... 続き

コメント

中宮定子に仕えた清少納言の物語。教科書にも載っている一節くらいしか知らなかったけれど、当時の風流を楽しむ文化や華々しさとともに、歴史的には定子の周りの華々しい日々が道隆の病死によって苦境に立たされていく様子、清少納言が内通疑惑をかけられてしまうなど、小説を楽しみながら枕草子や清少納言の世界を深めることができます。
この後角川ビギナーズクラシックスの「枕草子」を読んでみました。「はなとゆめ」にあったエピソードがあったりしてうれしくなります。

その他のコメント

読者

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eCee21314 e726 4b3e 85c4 736c9e153129C33c1e51 bba5 4cfe b834 3624c7f452c3C57b39cc 9432 460e 83c6 c4208cb5f6e4D92a1ae4 d472 41b6 a950 4be46f629879Icon user placeholderE6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b8A0519bc1 adf1 48d2 8f1f 79c3bfbff234 21人

冲方丁の本

決戦!関ヶ原

決戦!関ヶ原

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/05/31 読了 『歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド』からの選書。関ヶ原の色々な切り口が面白い。お気に入りは木下昌輝の「怪僧恵瓊」。対する葉室麟の「孤狼なり」が三成側の解釈。映画「関ヶ原」のシーンが頭の中を駆け巡った。

27日前

麒麟児

麒麟児

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

勝海舟と西郷隆盛=麒麟児、というとこだろうか。 勝海舟が語り手である。クドクドと歴史を説明しているところが無くて、読みやすかった。 勝海舟が心の声を解読しているので、臨場感溢れる江戸城無血開城の談合場面になっていると思う。 ある時代の歴史を動かしていたツートップの絆の強さを感じる。西郷隆盛があまり出てこないのも、またいい感じです。

4か月前

Icon user placeholder0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c
攻殻機動隊小説アンソロジー

攻殻機動隊小説アンソロジー

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

プロの作家さんたちによる、攻殻の公式アンソロ。 それぞれ作家さんたちごとにフォントが違うのが凝っていて面白いけど、少し目が慣れるのに時間がかかった。 朝霧カフカ版は、まだ草薙と会っていない、笑い男事件後のアオイと元軍人でまだ日本にいたクゼヒデオが会っていたりなど、嬉しい共演だった。 神山版だけではなく、「人形遣い」を知っている原作ないし押井版の草薙素子も出てきて、面白かった。 バトーとトグサ(特にバトー)の出番も多かった。

6か月前

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c