61gqfdunbvl

ラスト、読む人に【幸せとは何か】を問いかける――。圧倒的衝撃の“愛”の物語。 【あらすじ】 『質問が三つあります。彼女はいますか? 煙草は吸いますか? 最... 続き

コメント

「この本を読んで何も感じなかったとしたら、それはある意味で、とても幸せなことだと思う」という三秋氏の推薦文に惹かれ購入。そんな幸せなんか糞食らえだという感想を抱いた捻くれ者の自分を再発見した。
心にグサグサ刺さる言葉に、胸が締め付けられるような読後感、こういう物語が堪らなく愛おしい。
幸せになって欲しい相手と幸せにすると決意する相手が同じ必要はない。好きだからこそ、自分ではない誰かに任せることが正しいと判断する感覚はどれだけ共感者がいるものなのだろう。
お決まりのハッピーエンドではなかったことに安心と感謝を。
手料理を食べることは作ってくれた相手の時間をも食べているという考えには目から鱗でした。

2017/05/03 読了

4/5読了
さらっと読めて重い。
幸せとは、愛とはなんなのか。生きる中での疑問が浮かび上がる。
強いことは苦しい。

1日で読了しました。
すごく切なくて今の幸せをかみしめつつ読みました。過去と現在が交互に描かれてます。
心情描写?はとても上手でしたが、インパクトには少し欠けるかな、という感じです。あくまで個人的にです。
自分自身と登場する白井さんの短所が少し似ていてなんだか悲しかったです。

ページをめくる手が止まらなく一気読みした。

ちなみに僕は主人公と似た境遇の現在30歳の男で、兄が2個上で中学1年から今に至るまでひきこもっている。似た立場の方が読む際参考にして頂ければ幸いだ。

この小説を読んでいて、僕はこの物語に出てくるすべての登場人物に嫌悪感を抱いた。特に主人公は自分は決して幸せになれないのだと、悲劇のヒロインよろしく世の不幸を一身に背負っていますみたいなセンチで自分本位な思考回路、表面上はなんでもないふり、まともなふり、そして自分をとりまく家族や環境へ責任転嫁。自分を見ているようで気持ち悪くなった。読了後、丸2日くらい精神的に不安定になった。

僕はこの物語はバッドエンドだと解釈した。これを、ハッピーエンドとまではいかないが、よしとする人は多くいると思うし、そういう人たちは精神的に成熟した大人なのかもしれない。ただ、僕はそんな大人ではなかったしそうはなれないと思う。そしてこの小説を読んで、そんな風になりたくもないと思った。

僕はこの小説がきっかけで、そんな大人には、この主人公のようにはならないと決心できた。幸せになる勇気を持てたと思う。(背中を押してとかそういうのは全くなく、反面教師的に)

ともかく、僕は最良のタイミングで最良の本と出会えたと思う。Google検索の有能さに感謝。いろんな人に感謝。

読者

06d3f0d5 baa8 42c4 9c18 26d48a77fd8cIcon user placeholder5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5B0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81dIcon user placeholder147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eE9c79181 8ae5 4679 956a d5eb0a2572f2Icon user placeholder 55人

文庫

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

米原さんはとても強い人だ。 共産主義者の父のもとに生まれ、プラハのソビエト学校で長く少女時代を過ごした著者による(たぶんほぼ)ノンフィクション。 ソビエト学校の友人たちとの懐かしき日々の記憶を丹念に描く。 そして彼らの居場所を執念で突き止めた先で、 酷くも愛らしい、非情な現実を知る。 悲しい。しんどい。 でも、この歴史を忘れちゃいけない。 歴史の下で生きざるを得なかった人たちの健気さを、なおざりにしてはいけない。

1日前

F2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a61e53a8e2 b343 4765 b896 1fe6f18b49d538aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 44
親鸞(下)

親鸞(下)

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

よくでき過ぎてて、将来親鸞の本当の人生と思われてしまうかも。面白かったです。

3日前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fD70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928
ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

A31d033d 6734 4b2b 927c eed1939665a3

NS

美しい日

きっと透明感がある、茶目っ気のある、素敵な女性なんだろね。 描写がいちいち美しくて、 高寿(タカトシ)君と愛美(エミ)ちゃんのささやかな日々は、潤いと愛と思いやりに満ちていたなあ.. 2019/05/18 土

4日前

5ccce948 fb39 470d b106 d50c34d573e13058f196 1a6b 4b91 83f0 91e21a70f49095b127a5 f73f 416f 91f6 5dc7de8140ed 375