41upqtwewql

親と子、夫婦、家族でいることの意味を根源から問いかける。『八日目の蝉』から三年。衝撃と感動に震える、角田光代の最高傑作誕生。 続き

コメント

とても良かった。毎年夏にあるキャンプが小さな子供達の記憶の中に染みていて、それをめぐる大人達が嫌な存在から読み進めるうちにどんどん理解できる様になる。

読者

0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a52c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f86898b3a e717 42e3 bd1b a17666747e60238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69902dac5629 77a8 49f8 af96 b6cea7a039a50458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9 8人

角田光代の本

学校の青空

学校の青空

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 42