Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41upqtwewql

親と子、夫婦、家族でいることの意味を根源から問いかける。『八日目の蝉』から三年。衝撃と感動に震える、角田光代の最高傑作誕生。 続き

コメント

とても良かった。毎年夏にあるキャンプが小さな子供達の記憶の中に染みていて、それをめぐる大人達が嫌な存在から読み進めるうちにどんどん理解できる様になる。

読者

2dac5629 77a8 49f8 af96 b6cea7a039a50458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

角田光代の本

月と雷

月と雷

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

飽きずに読み進められたけど、登場人物全員イラつく。子供には不可抗力とはいえ、「生活」ができない、築けない親に育てなれた子供は「生活」ができるはずがない。特に智や直子が近くにいたら相当な嫌悪感を覚えると思う。 小説はまあハッピーエンドで、がんばってくださいね〜みたいな感じ。

約2か月前

対岸の彼女

対岸の彼女

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学3年

歳を重ねるごとに人と関わることを億劫に思う気持ち、とても良くわかります。過去に傷ついた経験が大なり小なりそれぞれあって、足枷になって、臆病になってしまう。そして、そんな世間の理想像とかけ離れた自分の姿に嫌悪感を抱いて、自分の殻に閉じこもってしまう。悪循環。そこから抜け出すためには、対岸の向こう側にいるような正反対のだれかに出会い、向き合い、繋がることが必要なのでは。 いや、例え意味の無いことだったとしても。 「また出会うために、前に進もう」

2か月前

43fd2084 1ad4 48cd b623 9b1eddd04475Picture4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0 13
三月の招待状

三月の招待状

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

自分の学生時代にはそういうのがなかったからと言われればそれまでかもしれないが、大学時代から15年もたって、それぞれの生活もあるはずなのに、未だに会ってガブ飲みして、学生ノリそのままに非生産的な話をしてる登場人物たちに、誰一人として共感できなかった。

3か月前

Picture3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aaFeead139 1717 40ab 982e cdf562210300