Btn appstore Btn googleplay
51ib8k3ttsl

私たちがいま、ここに生きているということ。生まれてきたということ。 『空中庭園』『八日目の蝉』『ロック母』『対岸の彼女』―― 家族、父、母、子、友を書き続... 続き

コメント

出生についてある共通点を持つ7人の男女の物語。

こどもの頃の楽しかったサマーキャンプ。そのキャンプに秘められていた意味を、こども達は成長し後に知ることになる。

7人の男女のそれぞれ違った心情の動きがとても面白かった。
当時の両親の年齢になり、ようやく親の気持ちをなんとなく理解できるようになったり、『生、性』について正面から向き合ったり。

特にわたしはジュリーの考え方が好きで、前向きな力をもらえた。

読者

Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f3590b799 a9c8 44d3 8631 92299c7033e35fad21be b22d 4f5f bbd7 9f454a912c734cc3788b c938 45fc a41e d959eedee3e037495ab9 42fb 4265 b08d 88f5a175ffc0E41d1b3a a3c8 4357 8781 2f24f24994f5 7人

角田光代の本

八日目の蝉

八日目の蝉

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a

ilorina

40歳デザイナー

ダメだ今読んじゃ。キッつい。キツ過ぎて辛い、新型コロナとかで先行き不安なのになんでこのタイミングで再読した自分。 子持ちとしては子供と離れ離れになる•••!あああキッつ!キッつうぅぅぅぅ! 主人公(誘拐犯)に肩入れしちゃうのはもちろん、誘拐された薫との親子暮らしにトキメキとカウントダウンを感じながらページを繰る手が止まらなかった。 1章でハラハラするも良し2章で僅かな救いを求めるも良し。本作は激動の1章が印象的なんだけど、再読して2章で多少救われました。いやキッついんだけども。

3か月前

537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef228C715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe5548374f3c7c2 627a 4c2e 9081 ab68e139c4bc 19