51nscfq2tkl

コメント

読者

1e80f26e 82b1 4c26 9224 d05d63c6afadEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47942c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f69824155 8938 47d5 a2bb a8ca8551eb54 4人

瀬戸内寂聴の本

新装版 祇園女御 下

新装版 祇園女御 下

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

あかね、たまき、ゆり、ちどり。 縁のある四人の女性たちは、それぞれ違った選択をし、それぞれの幸福を抱いている。 物語が終わったとき、ああこの小説で描かれていたのは女性たちの生き様だけではなかった、と知らされる。 大きな川をたゆたうような物語だった。

3か月前

新装版 祇園女御 上

新装版 祇園女御 上

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

上巻はまだ祇園女御その人を描いているわけではない。その前の世代の妃たちの話であり、その周囲の人々の話。 後の白河帝になる東宮の妃になった道子は、東宮より11歳も年上。美しく聡明でしかし表に感情を出さないお人形さんのような道子。幼少期から意図せず男を惑わしてきた道子は、東宮にも寵愛されるが、東宮の寵愛が賢子に移ってからは翻弄される側に回る。 道子のそばに仕えた侍女あかねは、物語序盤で女主人を裏切って屋敷を追われてからは転落生活かと思いきや、転落し運命に翻弄されながらも自らの力で泳いでいく強かさを見せる。 対照的な女性たちの物語は、あかねと因縁深い少女たまきに主人公移す気配を見せつつ下巻に続く。

3か月前

Cee21314 e726 4b3e 85c4 736c9e1531299ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65Icon user placeholder
孤高の人

孤高の人

69824155 8938 47d5 a2bb a8ca8551eb54

ふじい ようこ

まったり生活謳歌中

湯浅さんの人柄に引き込まれていく。 彼女が見ていたものと、その彼女をみていた瀬戸内寂聴さん。 もう少し経験と知識を身につけて、もう一度読み直したい

6か月前

源氏物語の女君たち

源氏物語の女君たち

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

源氏物語の面白さは、数多くの女君たちにあると思っているので、寂聴さんの筆でその面白さを読める幸せ。

10か月前