51biszlltdl

かるた、書道、なぎなた、次は……生け花! 目指せ、「花の甲子園」! 花を愛する女子高生・春乃と大衆演劇の花形・山城貴音のコンビが頂点を狙う! シリーズ累計... 続き

コメント

文化部活モノ。頑張る女子高生とイケメンの転校生が目指す、生け花の全国大会。チョット変わった競技です。
明るく清々しく、初々しい。
一体どうやって、二人が強豪校と立ち向かうのか!ワクワクしながら読んでいけます。
「奥州ぼろ鳶組」のファンならば、ニヤニヤしながら読んでください。笑

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

今村翔吾の本

狐花火 羽州ぼろ鳶組

狐花火 羽州ぼろ鳶組

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

7巻目に突入。 これは、オールキャスト総集編ですか!笑 新しい謎も。新しいキャラクターも。 火消の名前が多くて大変ですが、読んでくうちにわかっちゃうという、今村先生の魔法でスラスラ読めてしまいました。 今回は悲しい話が土台にあります。 そして、以前の巻では語られなかった、源吾と別れた後秀助が花火をあげるまでの話。泣けます。

17日前

菩薩花 羽州ぼろ鳶組

菩薩花 羽州ぼろ鳶組

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

今一番気に入ってる時代物のシリーズ。火消って本当にいいところに目をつけたな、とつくずく思う。主人公は大名家の火消し〜大名と旗本と町民の大雑把に三種の火消しがいた…さらに守備範囲とかでいろいろ分かれていたみたいで〜だけど火消しであれば身分の違いもある程度超越できるし大名家の火消しであれば幕府の動きにもある程度関与できたりする。本作ではこれも本当にあったのか分からないけども火消番付がテーマ。小藩でも番付が高い火消しを抱えている家は知名度も上がり、産物を売る時も有利だし取り潰しされ難い、ということで番付を上げなければ経費を減らす、と申し渡されたある藩の火消しと、火災の孤児を育てて、地元で菩薩と崇められている火消しの二人が登場する。番付を上げる目的で自作自演の火事を起こしている火消しがいるのでは無いか、ということに気がついた瓦版の筆者が行方不明になって、という話。謎解きや火災シーンの迫力、火消し同士の連帯などなど、本作も凄く面白かった。次作がすぐにでも読みたい。

19日前

721ff227 6404 486e a136 194741a375b41525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
童の神

童の神

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

わかってはいたけれど、ラストが泣けて……。 登場人物達の豪華な事!そして、見事な事!白髪の安倍晴明も渋い! 何故なのだろう異端を忌み嫌うのは。現代でも桜暁丸の志しが、決してかなっているとは言い難いのが。 悔しい。悲しい。 「奥州ぼろ鳶組シリーズ」の、怒涛の展開はそのままに、命をかけて希望に向かう男達を丁寧に長い時をかけて描いている。 解決の糸口が見つからない重い話を、塞ぎ込む事なく読めたのは、桜暁丸と今村先生のおかげかな。

約1か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder
鬼煙管 羽州ぼろ鳶組

鬼煙管 羽州ぼろ鳶組

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

個人的に今、一番ハマっている時代もの娯楽作品。楽しみを後回しにできない弱い人間なので次々に手に取ってしまう(笑) 本作では舞台が京都に設定されており京都町奉行の長谷川平蔵(あの鬼平の父親)から支援要請を受けた主人公たち江戸の大名火消しの主要メンバーが慣れない京都で連続放火魔に立ち向かう、という話。朝廷と幕府のある種の争いが背景に設定されておりスケールの大きな事件が描かれている。四作目の本作でもテンションは全く落ちておらず見事な出来。はやくも次作が読みたくてたまらない。お見事です。

約2か月前

721ff227 6404 486e a136 194741a375b41525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4