61aaq3ybopl

高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが-。姑に不妊治療をせまら... 続き

コメント

窪さんの本2冊目。
登場人物みんな、何かを抱えながらも、前を向いて生きています。
何か見えない力をもらった気分です。

「オプション」とか「やっかいなもの」って表現が好きです。

その他のコメント

タイトルがまずいい。映画もなかなかでした。たくさんのレイヤーの感情を上手に編めているうまい作品。

各短編小説は全て繋がっていて、それぞれの登場人物から見た一つの事柄を描いた作品。人には一人ひとり事情があって、みんなそれを背負いながら必死に生きている。映画も観ようと思う。

読者

48c35b73 6a71 43e7 b398 9fdb514510817f2b2e65 8fbb 4f3a ac4a d3b03f83111d75a198c0 650e 4c90 a25b 8e61cd44ead4Icon user placeholderA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fIcon user placeholderIcon user placeholder3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa 92人

窪美澄の本

さよなら、ニルヴァーナ

さよなら、ニルヴァーナ

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915

ワンダフル

本屋さんと高校野球が好きです。

窪さんの本は今まで何点か読んでいて、新刊を書店で見かけて、しかも最初のページに『書店員』の文字を見つけて、これは!と思って買いました。 内容は、、今まで読んだことのある窪さんの小説とは違ったとだけお伝えします。

約1か月前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73
じっと手を見る

じっと手を見る

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

淡々とした日常の中の不安と孤独感。よるべのない人たちの話。自分の居場所を探す話。「よるのふくらみ」が好きな方はたぶんこの話も好きなんじゃなかろうか。

2か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2189bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cD7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0 13