Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61aaq3ybopl

高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが-。姑に不妊治療をせまら... 続き

コメント

窪さんの本2冊目。
登場人物みんな、何かを抱えながらも、前を向いて生きています。
何か見えない力をもらった気分です。

「オプション」とか「やっかいなもの」って表現が好きです。

その他のコメント

タイトルがまずいい。映画もなかなかでした。たくさんのレイヤーの感情を上手に編めているうまい作品。

各短編小説は全て繋がっていて、それぞれの登場人物から見た一つの事柄を描いた作品。人には一人ひとり事情があって、みんなそれを背負いながら必死に生きている。映画も観ようと思う。

読者

3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbEc679746 fc9c 4986 84d1 d548053f0ab4087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Icon user placeholderB0d42596 155b 402b 8408 aab00b111f68 88人

窪美澄の本

ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見た

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

映画を見る前に読んでみようかな、と。 各登場人物の生活がどれも生々しくて、読んでて心がヒリヒリした。 友だちとしてつきあっていたのに、その友だちのとんでもない秘密をバラすチラシを投函しまくる高校生。うまく表現できないけど、なんかわかるというか、やっちゃうかも?!と思った。 あと、チラシをばらまかれた高校生の助産院を営む母親の別れたオトコに対する言葉で響いたのがあった。「彼の自由な生き方を無責任におもしろがって結婚したくせに、子供が出来た途端、夫や父親としての責任を彼につきつけた」と言って自責する。そんなに自分を責めなくても、本来なら自然にそういう役割をこなすようになれない男を責めたっていいのに、と思った。 一方で、自分は未婚なんだけど、もし仮にも結婚してたとしたら、彼女が選んでしまったようなタイプの男とだっただろうし、同じような結末となったに違いないと思った…

3か月前

04b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fb86c4f927 2a46 4d23 ad87 0c3ba70c19219dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed 15