51idjeczg0l

【文学/日本文学小説】書籍編集者の鳴木戸定。彼女は幼い頃、紀行作家の父と行った旅先で特異な体験をする。不器用に生きる定はある日、自分を取り巻く世界の素晴ら... 続き

コメント

特殊な環境で育った子なんだけど、何だかわかるかもって共感できる感覚があるとこが面白い。純粋な人って端から見ると変なんだな。

久々に一気読みした。もうただただ圧倒された。文字が今にも動き出しそうで言葉が生き生きとしていて私の想像力を掻き立てた。
かなり異質な体験を重ね、常人とは違う感覚を持つ主人公に周りは気味悪がっていたが、だんだんと惹かれていった。確かに私もその不気味さから思わず読み進めたが、最後にはこの主人公の自由さ、ぶれなさが羨ましいと思った。言葉は本当に奇跡みたいなもので、すべての事象が言語化できるわけではない。体が体験していても言葉に表せないその何かについても見過ごさずに大切にしていきたい。

考える人 という雑誌で河合隼雄物語賞受賞作として紹介されていて読んだ。
定の変化をみていくなかで、感情のありようを力強く感じる作品。

不思議だった〜
最後の廃尊さんの言葉はよかった。なんかジーンときた。

定のような人と友達になりたい。
きっといろんなことに気づかせてくれるだろうから。

舞台が世界。地図的な意味で世界観が広い。そこが他の作家と比べて特異だといつも感じる。

冬から春へ
そんな印象で、独特な感性で進むお話でした。
静かで暗くて冷たくて。
だけど強くて、優しくて春の陽だまりの様な、ポカポカした気持ちになります。

ラストが、びっくりした!笑

「世間」から見れば異質な人々。「世間」というフィルターを通さず純粋に感じると、美しい心を持った主人公。ラストはそれを「世間の人たち」も感じることに。

西さんの作品は毎回「生」を強く感じる。

言葉は怖いが美しい。ますます本が好きになった一冊。

主人公の定は変わり者扱いされていても全く不幸そうではなかったけれど、話が進むに連れて定に変化が起き、周囲の人たちに少しずつ受け入れられていく様をとても嬉しく感じる。読み進めるうちに私もまた、定のことを好きになっていた。

表面的な出来事だけをみると、グロくて異常な話に思える。でもその奥にある感情や人間性の表現が突き抜けている。西さんすごいわ…

読者

Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Ef8b1b04 ee35 434d 8327 d269a5367506F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037F9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6ba5e927d94 961a 4b67 a818 fa2aa6ec9d6469fce3f7 e4af 4a72 9806 d23d248aa9405efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74 53人

西加奈子の本

うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

5か月前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b20d38d5bd af37 40f6 a34a 0b0a9a65720b6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9 18
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

8か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eEf3755db 66f1 4464 b596 09af95625a9f 15
おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

約1年前

A163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f8F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eA7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2 70
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

約1年前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d27996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84907e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619