51idjeczg0l

【文学/日本文学小説】書籍編集者の鳴木戸定。彼女は幼い頃、紀行作家の父と行った旅先で特異な体験をする。不器用に生きる定はある日、自分を取り巻く世界の素晴ら... 続き

コメント

特殊な環境で育った子なんだけど、何だかわかるかもって共感できる感覚があるとこが面白い。純粋な人って端から見ると変なんだな。

サイン本まだあった♡

不思議だった〜
最後の廃尊さんの言葉はよかった。なんかジーンときた。

定のような人と友達になりたい。
きっといろんなことに気づかせてくれるだろうから。

舞台が世界。地図的な意味で世界観が広い。そこが他の作家と比べて特異だといつも感じる。

冬から春へ
そんな印象で、独特な感性で進むお話でした。
静かで暗くて冷たくて。
だけど強くて、優しくて春の陽だまりの様な、ポカポカした気持ちになります。

ラストが、びっくりした!笑

「世間」から見れば異質な人々。「世間」というフィルターを通さず純粋に感じると、美しい心を持った主人公。ラストはそれを「世間の人たち」も感じることに。

久々に一気読みした。もうただただ圧倒された。文字が今にも動き出しそうで言葉が生き生きとしていて私の想像力を掻き立てた。
かなり異質な体験を重ね、常人とは違う感覚を持つ主人公に周りは気味悪がっていたが、だんだんと惹かれていった。確かに私もその不気味さから思わず読み進めたが、最後にはこの主人公の自由さ、ぶれなさが羨ましいと思った。言葉は本当に奇跡みたいなもので、すべての事象が言語化できるわけではない。体が体験していても言葉に表せないその何かについても見過ごさずに大切にしていきたい。

西さんの作品は毎回「生」を強く感じる。

言葉は怖いが美しい。ますます本が好きになった一冊。

主人公の定は変わり者扱いされていても全く不幸そうではなかったけれど、話が進むに連れて定に変化が起き、周囲の人たちに少しずつ受け入れられていく様をとても嬉しく感じる。読み進めるうちに私もまた、定のことを好きになっていた。

表面的な出来事だけをみると、グロくて異常な話に思える。でもその奥にある感情や人間性の表現が突き抜けている。西さんすごいわ…

読者

89a39171 8432 4fd5 8a97 7bf1cfdd9b500d2cb25e 94a8 4694 b929 90d079b2cd095deb22d3 f339 441b 9ed7 fcf0d0a1943f89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18Icon user placeholderF87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400 45人

西加奈子の本

サラバ! 上

サラバ! 上

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

キャラクターがいいね。 貴子さんに興味ある。急いで中巻を買わなければ!

3日前

D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f749d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf 41
おまじない

おまじない

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

無茶苦茶だっていいんだ。本の中の人たちがみんな西加奈子さんに救われたように、私も彼女の思いを知り、救われる。自分のこと、こんな風に思ってしまうのは、私だけじゃないんだ、そうか人間って汚いものなんだ。と知る。ショッキングな出来事がすらりと出てきてはぎょっとしたり、でも気付けば安心して読めてしまえる自分もいた。

約1か月前

238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6750d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc1 13
漁港の肉子ちゃん

漁港の肉子ちゃん

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

*原撰 登場人物のキャラがしっかり立っていて、ドラマを見ているようにさくっと読めた。 13pの、雪にまつわる書き方が大好き。 西加奈子は素直な文章が素敵だなぁ。

3か月前

7d346ad4 273e 4e50 adaf f8e49e0d3b34640242fa 6286 418c b594 2a6eb21e57cf3e0c4efb ff04 497a 8d0a 34dfaede7ec3 28