Btn appstore Btn googleplay
51d 5bytzel

SEKAI NO OWARI藤崎彩織による初小説、ついに刊行!【内容紹介】 いつも一人ぼっちでピアノだけが友達だった夏子と、不良っぽく見えるけれども人一倍... 続き

コメント

友達を作るのが下手な中学2年の西山夏子
同じ中学に通う1学年先輩の月島に声をかけたのがきっかけで友達になったのが 2人の始まりだった

たとえ好きになっても恋人にはなれなくて でも離れることもできず 彼に恋人ができても ただ苦しい思いで 送り出す
月島が精神を病んで病人となって 日々の電話で愚痴を聞かされて 鬱陶しく感じていても 突き放せず
ただただ側にいることを手放せず 彼に振り回される日々が何年も続いている

そうまでしていて 「ふたご」って 彼から言われて その立場でしか側にいられないのか 側にいるべきなのか 立ち止まって考えてみてもいいんじゃないかと思う

SEKAI NO OWARI が好きで、グッズを買うような感覚で手にした本なのだが、内容に引き込まれてしまった。
冴えない主人公、というのはあるあるだが、それでもどこかキラキラした要素が常にちりばめられていて読む度に自分が経験したような気分になってしまった。

2018年6冊目。著名な方が書いた小説って、現実味を帯びてるほど、どこまで実話なんだろう…って思うんだけど、そうやって思ってるのを途中で忘れた。/ 201801

読者

Icon user placeholder123912f3 7d22 46ca b5d2 968eccab51297ac5e6eb d541 4717 89b4 dd077ce5e4fcBcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332bIcon user placeholderFf6412c3 1eed 48fa 9def f8fa740df82b40316e3b 2aa6 4513 b6e0 5d4597a48c221783b7a5 d3c2 4efa 8e3c a29ed9323e0f 57人

文芸

東京湾景

東京湾景

2ec5687f 31b4 4a10 9fd8 9f5c6f2caba8

Kazu

東京でデザイナーしてます

二人の20年後が追加されたバージョン。 とても良いエピローグ!

約20時間前

ひと

ひと

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7e

たつや

好きな言葉

「ゆっくりといい感じ」でした。

1日前

61aae501 0243 4cc6 8ca9 66277c99415490b6aa83 340a 461e a068 aee81a326d746cdeac5d 470f 4155 8ead 9302d0619a80 29