51 nyzg0a8l

この学校の花子さんは、音楽室から飛び降り自殺した少女の霊です。花子さんは階段に棲んでいて、一生懸命掃除すれば会うことができます。でも、彼女がくれる食べ物や... 続き

コメント

ホラー・ミステリーの短編集。
表題作、『ふちなしのかがみ』は、これぞ読み物の醍醐味!
好きなのは『八月の天変地異』

辻村さんの描く怖さって、透明で、繊細で、まるで闇夜の奥の水晶だと、思います。怖いのに、引き込まれてしまう。「おとうさん、したいがあるよ」とかは短いだけに何度も読み返しては色々と想像してしまいました。

読者

E7536cfc 04ed 4097 aaf8 8c7a18cda2b7Icon user placeholder3e97ef25 84c6 4820 8570 8a4613d80618D2d1c15d b6f5 4b2a 96bc 9845f73ebfe90a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706bIcon user placeholder 19人

辻村深月の本

傲慢と善良

傲慢と善良

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

長編恋愛小説。 結婚に向けて順風満帆だと思っていた主人公の架(かける)だったが、ある日前触れなく婚約者の真実(まみ)が姿を消す。 彼は真実が過去にストーカーにあっていたと言っていた事を思い出し、「真実は攫われたのではないか」と考える。架は真実を探すため、彼女の過去を辿り始める。 といったあらすじ。 今作で何度も語られるのはタイトルにもなっている「傲慢さ」と「善良さ」だ。誰もが内心に抱える自己愛の強さと、決して悪意ではない善意がもたらした結果。登場人物たちがそれらを思い知らされる度、何度も心を抉られるような気がした。 人間のどうしようもない所を描きつつ、それでも前に進める力も示してくれる。私にとってこの作品はそういうものだ。 ちなみに、今作は辻村深月さんのデビュー15周年企画の一環とのこと。おめでとうございます。これからも応援してます。

7日前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985645057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5
きのうの影踏み

きのうの影踏み

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

ホラーだと知らずに買って読みました(笑) 辻村先生の作品に興味があって、何か一冊ないだろうかと探していたら、唯一一冊だけ題名を知ってるものがあり、それがこれだったわけですが。 感想としては、「怖い」この一言に尽きます。もともとホラー耐性はあまり無いのですが、どの話もぞくりとさせる。きっとその感覚が好きな人にとっては最高の一冊であると思います。 個人的に特に怖かったのは、作家の話とナマハゲの話ですかね。展開がある程度予想できたとしても、読者に怖いと感じさせることが出来る素晴らしい文章力も圧巻でした。他の作品も是非読みたいです。

約2か月前

C97fab0d 3d70 4907 bfa7 4742efa3d21f1bce5f43 b0b4 4cd0 a850 51f6ad653f6273bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 9