51euy1fryul

コメント

莫大な忘れるということ、それらすべてが自分を構成しているということ。

忘れてはいけない、大切なしるし。

人は忘れることで生きているのかもしれない。
忘れたくない、けど、忘れたい。
そんな色んな出来事に色をつけていくような読書タイムだった。
ヘルメッ何回叫んだことだろう。

主人公と自分がすごく似ていて、自分だけじゃないんだ!と思えて嬉しかった。

大好きな西さん。ライトな言葉で、命の深淵を取り上げる。今この瞬間にも過ぎてしまう、今の今を生きている私たち。その先っちょ。

おばあちゃんと重なって、牧野のおばちゃんのことを思い出した。西加奈子の書く文章は、その隙間隙間から昔触れたことのあるような感覚を思い出させる引き金があるように思う。

きっとみんな花しすと同じようなことを感じながら毎日を過ごしている。
ー誰かの子どもとして産まれて、いろんな人に出会って、いろんな経験をして、それを簡単に忘れ、手放し、それでも私たちは、祝福されているのだ。ー

取るに足らず、くだらないし、阿呆みたいだし、恥ずかしいのだけれど、目をあけてすべて見ていた

お題がとてもマニアックなのに清くサラッとストーリーにできる西さんすごい。

主人公の花しすが同い年だったので、気になって読んだ。

普通は目に見えない、彼女だけに見えるそれが「いのち」のことを表しているのかどうかは、わからなかったけれど、
生まれてから、いろんな人と関わって、傷ついたり傷つけられたりしながら、そんなことも全て忘れて、今を過ごしてきたこと。
過去の記憶と交互に語られることで思い出されて、私は良かったと思う。(Amazonでスッキリしない書評を見てしまったので)

読んでる間、私の記憶の端々も掘り起こされた。
私自身、過去のことは意図的に忘れてきた、捨ててきた部分がある。
実家を出て約10年。毎日親元で過ごしていた生活がどんなものだったか、とか、どういう風にやりすごしていたか、とか、もう覚えていない。思い出したくない。あんまり幸せなものではなかった気がする。
だから忘れちゃったんだろうなぁ。
それでも、その上で、忘れたいろんな経験の上で、今を生きているんだということを、改めて思い出させられた。過去を思い出して少しだけ整理して、「改めていまを主体的に生きていく」そんなきっかけを貰いました。

読者

Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a61f5e02f2 19e5 4d2d 8a92 fcf24c3a6c80Icon user placeholder50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ffB828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc1D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64 37人

西加奈子の本

うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

約2か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6 16
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

5か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eEf3755db 66f1 4464 b596 09af95625a9f 15
おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

11か月前

A163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f8F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eA7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2 70
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

11か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d27996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84907e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619