51pwdegtmml

お金も権力もない老人介護施設「よりあい」の人々が、森のような場所に出会い、土地を手に入れ、必死でお金を集めながら特別養護老人ホームづくりに挑む! 続き

コメント

「ヨレヨレ」を1冊読んでから、この「へろへろ」を読んだので、ある程度分かっていたが、私は鹿子さんの書く文章が好き。

シニカルな人間なので、他人におもしろく思わせようとした文章は興ざめするのだが、そういう感情にさせないながら、例え表現なんかが絶妙でおもしろかった。

その他のコメント

なにかを乗り越えるためには、小手先の技術より「やり遂げたい」という圧倒的な熱量が後押ししてくれるもの。 介護施設を一から作ってきた人々の日常が可笑しくも、介護の現状と奮闘記が心に響く。

ぜんぜん知らなかった「宅老所よりあい」のことがよくわかった。会話以外の文章も会話みたいに伝わってきて、いっきに読んでしまいました。

読者

04b461bf c974 419c ab7e ea9a9c54ecd91167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8D83b6695 3143 4a9f 9dff 36f8cf4e6fd67cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f7ea0f0fc dcf4 445b b0b7 69b0cf4d06b7Eeef8366 14ea 4103 ae66 bf1437ef265789e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 11人

文学

TENGU

TENGU

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

小さな視点から大きな視点へ。 小さな心の動きから大きな運命へ。 過去と現在を取り混ぜながら、男達の欲望と愛がテングと呼ばれているモノと関わっていく。 練りこんだ内容と結末に敬意を評したい。 大きな主題を私達は突きつけられる。

約15時間前

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 八月のまぼろし

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 八月のまぼろし

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ10作目 薔子さんの友人が10年前 両親殺害事件を起こし自殺した 誰もが彼女は控え目で礼儀正しくいい子だったという 事件を調べるため 薔子さんは櫻子さんと正太郎を事件の家へと連れて行く これがキッカケで 櫻子さんと正太郎の仲に亀裂が入るのだが 櫻子さんが変わっているのはわかっていたことなのに 正太郎は言わずにはいられなかったのだろうか 櫻子さんとばあやさんはどこへ行ったんだろう

1日前

99354e61 4d30 4c31 a1b8 7e53f20a42adC9905efd e638 43eb aef0 f94b2d26ae1eDc517a4f 766c 4286 89a1 c72ec6b9f863
工学的ストーリー創作入門 売れる物語を書くために必要な6つの要素

工学的ストーリー創作入門 売れる物語を書くために必要な6つの要素

0b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944

massassi

ジャンル問わず何でも読みたい

ストーリーを構成する要素について書いた本。これを読む前に「本を読むときに何が起きているのか」という読む側の視点で書かれた本を読み、両方読んだら面白そうだと思って買った。 自分が小説を書くことはないと思うが、知っておくと、本を読んでいるときに考えるポイントが増えて面白いかもしれない。 また、自分の人生をストーリーとして捉えて、この本に書かれている要素と照らし合わせてみるのも面白そうだと思った。

1日前