51hw%2b1o8vql

「わたしにとってイタリア語は救いだった」ローマでの暮らしをイタリア語で綴るエッセイ。子供時代から、家では両親の話すベンガル語、外では英語と、相容れない二つ... 続き

コメント

この作者は、イタリア語に僕らがわからないほど深く執着していた。僕もネイティブの人が英語を話してるのをきくと、聞き入ってしまうし、美しいとも思うし、ずっと聞いてられる気がする。その気持ちがより強いのがこの作者だ。

その他のコメント

「停電の夜に」や「低地」などの作品で知られるジュンパ・ラヒリの初めてのエッセイ集。
イタリアの週刊誌に半年間連載された21のエッセイと2つの掌篇小説で構成されているので、家事や仕事から離れたちょっとした空き時間に読むのに最適。

このエッセイ集、著者が初めてイタリア語で書いた本だ。
インド出身の両親を持つ著者にとって母となる言語はベンガル語であり、英語は継母のような言語だと言う。
実母と継母との間でどちらにも違和感を感じつつ小説家となった著者が、ある時まるで雷に打たれたように第三の言語、イタリア語に恋をしてしまう。
新しい別の言葉で考え、語り、書くことで少しずつ人は新たに生まれ変わっていくのだという新鮮な驚きとときめきが伝わる素敵な本だった。

「子供のころから、わたしはわたしの言葉だけに属している。〜 言葉を使う仕事をしなかったら、地上に存在していると感じられないだろう。」
今までの英語ではなく、一から覚えたイタリア語でのエッセイ。その習得への過程や気持ち、努力には感服するしかない。
そして読書、言語、人生の向き合い方などすごく興味深く読んだ。ジュンパ・ラヒリの新しいスタートとなるこの本で、今までの彼女の小説を好きになった理由が少し分かった気がする。

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cD0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785bF7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7ed57c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8eC15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c29b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 15人

ジュンパ・ラヒリの本

その名にちなんで

その名にちなんで

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

好きな女性作家No.1かもしれない。そう確信させるような本だった。

2年前

0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae8ad171e7 b623 406c 8820 4fe629cab1f6F179be5f e1d3 48aa ba80 3c9c277a7ff3
停電の夜に

停電の夜に

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

本書は両親ともにカルカッタ出身のベンガル人で、自身はロンドンに生まれアメリカで育った著者によるデビュー短編集。 大きな事件が起こるわけではないけれど、なぜか心揺さぶられる9つの作品。 日常生活の中で遭遇する小さな発見、他者との出会いやふれあいで起こる化学反応のような変化。それらを積み重ねて、人は昨日の自分から今日の自分へと少しずつ変わっていくのだ。

約3年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241C0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 20
低地

低地

210d5601 7f6e 48d3 81ca 707e7f578035

AI_TANIGUCHI

編集者。主に文芸ジャンルです。

今年読んだ海外文学のなかで、いまのところナンバーワンの作品 (2014年刊ですが)

約3年前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 12