51kr8k5tcql

第23回土門拳賞、2004年日本写真協会賞年度賞受賞作『PERSONA』普及版。新たな作品49点とエッセイを加え、新構成。 続き

コメント

浅草界隈のふつうの?人を撮り続けた写真集。時を経て同じ人が出てきたりします。ポートレイトの中では一番好きな1冊。

その他のコメント

読者

F655b58e fbdf 4e26 bd51 b500c481acdb6db05130 c821 4387 a037 bd04ec661113

鬼海弘雄の本

世間のひと

世間のひと

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

40年にわたり浅草寺界隈にいる人たちのポートレイトをとり続けてきた写真家による作品集。「社会が均質化して濃い人が少なくなった。だが人の森はまだまだ奥深い」p.221とあるようにこの本に登場する市井のモデルたちの濃度は時空を超越する。「腰から鍵束を下げる男2011」と「股引のズボンと足袋の老人1973」は年代を入れ替えても全く違和感がない。40年もと捉えるのか、たかが40年と捉えるのか。最近は後者に近い。時代は目まぐるしく変われど人の本質はそうは変わらない。

3か月前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eC0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746961714b0 fd98 4bcb 8395 381a7e7704dd