51gsu6b1asl

「ベストの相手が見つかったときは、この人に間違いないっていう明らかな証拠があるんだ」…妻のなずなに裏切られ、失意のうちにいた明生。半ば自暴自棄の彼はふと、... 続き

コメント

生きていく中で、出会う人の中には良い影響を与えてくれる人、そうでない人がいて、全ての人たちがたぶんほかならぬ人なのだろう。そして、好きになれない自分もまた自分自信のほかならぬ人なんだろうと。読んで良かったと思える一冊です。

その他のコメント

白石一文さんの本を読むと、人生何があるかわからないし、考えてもしょうがない、と思えるから好きです。

愛する形は様々で、自分にとってのベストとは何かを考えさせられた。
p111 人間はさ、そうやって毎回自分に裏切られながら生きていくしかないんだよ。

読者

A40b5e4c cee4 4a3a a9fa ad36cd260cbd28c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a6718bb72ce a82a 4068 8428 3787e6ed8513B3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f439e4732d6 f564 43af 9658 5d84fecaa215002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b715328f450 1704 4e03 9bef 2262be918b07 12人

白石一文の本

幻影の星

幻影の星

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

白石一文氏は、どこへ向かおうとしているのだろうか?どうも、迷走しているように思われる。全く同じコートが、同時に別の場所に存在する謎。その謎を追いかけて読む進めていく作業は苦ではなかった。しかし、「過去も現在も未来も全部ここにある」と太字で表記されている(201ページ)氏のこの主張に共鳴できないと、モヤモヤが残るだけだ。

5か月前

28c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a67Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c
愛なんて嘘

愛なんて嘘

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

恋愛は言葉にできる感情だけじゃない 説明できる関係だけじゃない 愛「なんて」、 嘘とはフィクションなのか幻なのか。 みんな歪んでるけど、だからこそ理解らないところがわかる気がする。かなり刺さる短編集だった。

8か月前

A5fc3031 925f 4f2b a242 c27c8968968138aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Ff847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a