41ooi2cp7nl

コメント

贈りものにまつわる物語。豪華な先生方のお名前がずらり。〝ほんのきもち〟に込められた思いが贈りものの素敵なところです。このお菓子美味しかったから、あの人にも食べてもらいたいなぁ、と、私の場合はそんな軽い気持ちから始まります。相手に喜んで貰いたい気持ちは、知らず知らずのうちに自分の喜びにも繋がっていたり。一緒に過ごす時間だけでなく、離れている時も大切な人達のことをゆっくりと考えたい。お互いにちょっとした幸せをシェア出来ること、それってなんだか楽しい。

読者

17df5234 b9e5 4ab1 aab4 edf1339aef9e2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b3ecfa6e2 dbd5 4560 82db bd99dda82dcdIcon user placeholder 4人

朝吹真理子の本

抽斗のなかの海

抽斗のなかの海

453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d

IRIS

絵本・食・詩・ショートストーリー…

私はこの作家のエッセイがずっと読みたかったのだとそう思わせてくれる内容。 彼女の中高生時代の過ごし方ががいかに現在の作家を作ってるのかがよく理解できる。

3か月前

293f1ef3 b048 4310 8d10 504c88a273e9A365d493 3156 47d6 a808 50bed03c2682E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a
ひんやりと、甘味

ひんやりと、甘味

B43e1aaa 7fb9 4aaf ab3a 5c443cffc70c

Fumika Hirose

三度の飯と同じくらい本が好きです…

かき氷、水羊羹、ところてん、あんみつ……目次を眺めるだけでひんやりシアワセ(笑) 短編エッセイならではの言葉のリズムが心地良い。1日1編寝る前に読んだら、ひと夏楽しめます。

4年前

647499f6 4834 460f 8999 6015628f38116c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c91366c6d7 fd64 4750 b3bd 46a6d7f888e3 10
きことわ

きことわ

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

Little Flapper

仕事にまつわるしごと、ときどきア…

お嬢様がゆるり書いた本みたいに揶揄されているのを見ますが、丁寧でゆったりとした美しい文体で、女の子たちの関係もどことなく親密で花とアリス、そしてその後みたいな感じ。ふと春の風が外で鳴る遠くの街の一軒家で読みたい感じの一冊。

4年前

Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c22feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592 24