61xsmtp4mtl

「ねえ、わたしの話を聞いて……」偶然車に乗せた少女、メアリアンに導かれてマイクが足を踏み入れたのは、十代の子どもばかりが葬られている、忘れ去られた墓地。怯... 続き

コメント

夜遅く、マイクが車に乗せて家まで送った少女は、すでに死んでいた。その子の母親に教えられた墓地は、少年少女だけが葬られている場所。マイクはそこに眠る霊達の最後の日の話を聞く。
それぞれの話しがファンタジーの短編。短くて読みやすくて面白い。感情移入するような話しはないものの、何かモヤっとした気持ちになるのは、少し足りないからかな。

児童向けの本かもしれないけど、充分に楽しめる。アメコミ風なストーリーやゴシック調なものまで。

読者

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc299ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c08745bfb58e1 8480 4bf4 804f cc0603f3ec9a0287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47014253d4 6080 4951 9119 24735184a6960b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d69446a8839a3 9f4b 4a07 aa30 fd89e3930059 18人

文学

孤独論: 逃げよ、生きよ

孤独論: 逃げよ、生きよ

341db26c 9db5 455e a9ee 9062830903a3

なぜかボブ

芥川賞作家などよく読みます

一人でいることが好きな習性と孤独は違うと思う。田中さんのいう孤独論はどちらかというと一人でいることの勧めであった。

2日前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deEfcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d146 12