61xsmtp4mtl

「ねえ、わたしの話を聞いて……」偶然車に乗せた少女、メアリアンに導かれてマイクが足を踏み入れたのは、十代の子どもばかりが葬られている、忘れ去られた墓地。怯... 続き

コメント

夜遅く、マイクが車に乗せて家まで送った少女は、すでに死んでいた。その子の母親に教えられた墓地は、少年少女だけが葬られている場所。マイクはそこに眠る霊達の最後の日の話を聞く。
それぞれの話しがファンタジーの短編。短くて読みやすくて面白い。感情移入するような話しはないものの、何かモヤっとした気持ちになるのは、少し足りないからかな。

児童向けの本かもしれないけど、充分に楽しめる。アメコミ風なストーリーやゴシック調なものまで。

読者

F15527b5 2432 422f ad5c d713bcaa400b5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc299ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c08745bfb58e1 8480 4bf4 804f cc0603f3ec9aCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8014253d4 6080 4951 9119 24735184a6960b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944 19人

文学

サラバ! 下

サラバ! 下

Icon user placeholder

めがねくん

フォローしているアカウントを見る…

こんなに年をとってしまった今更になって、何か大事なメッセージを受け取ってしまった感じ❗ なんてこった。

約1時間前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 57
ジャッジメント

ジャッジメント

007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

いつだったか、ニュースサイトに「映画を観ていて涙を流しやすい人がいるが、加齢により脳が衰える事がその要因の一つである」という記事が載っているのを読んだ事を思い出した。詳細は覚えてないけど、要は自制する機能が低下するとか何とか。 序盤から登場人物の激しい感情に呑まれた。 章が変わると、また別の種類の強烈な感情に呑み込まれた。 終盤、自分が主人公を間違えていた事に気付いた。 これがデビュー作と帯に書いてある事が、信じられないというか、だからこそなのか、ただ驚いた。 人が人を裁くなんて事はやっぱり無理な事で、どうしても裁きたいのなら感情を捨てた機械になるか、機械に任せるかすれば良いのだろう。 でもそんな世界を人は望まないだろう。何故か?矛盾してないか?機械を信じてないからというのはあるだろう。バグというミスもある。 しかし根本的には、人自身が表面的に表れない罪の背景を想い、赦しの可能性を捨て切る事が出来ないからなのではないか。 そんな世界を誇らしく感じ、そんな世界の中に自分が存在してる事に気付いて、じゃあ自分が作中の人物のような状況に遭遇したらどうするのか、というと、 それはやっぱりその時にならないとわからない訳で。 ただ、そんな赦しの可能性が自分の中に存在するのだろうという認識は否定せずにいようと思いました。

約2時間前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e15d7e9cc 9bf2 4b49 aa40 75066784a5c539232fa2 67af 4080 883d 34b51dc8ae24 13
劇場

劇場

65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc6

Emmy

なし

誰にでもこういう素直に表現できない部分はあると思うけど、度がすぎると疲れる。東京はそんなに、勝負しなきゃならない街なのだろうか。

約3時間前

0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Fc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad9530ca00be4 6832 499d 8738 7845225162a7 113