61xsmtp4mtl

「ねえ、わたしの話を聞いて……」偶然車に乗せた少女、メアリアンに導かれてマイクが足を踏み入れたのは、十代の子どもばかりが葬られている、忘れ去られた墓地。怯... 続き

コメント

夜遅く、マイクが車に乗せて家まで送った少女は、すでに死んでいた。その子の母親に教えられた墓地は、少年少女だけが葬られている場所。マイクはそこに眠る霊達の最後の日の話を聞く。
それぞれの話しがファンタジーの短編。短くて読みやすくて面白い。感情移入するような話しはないものの、何かモヤっとした気持ちになるのは、少し足りないからかな。

児童向けの本かもしれないけど、充分に楽しめる。アメコミ風なストーリーやゴシック調なものまで。

読者

0b40987d 47a2 46e4 a868 7580bb71108bF15527b5 2432 422f ad5c d713bcaa400b5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc299ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c08745bfb58e1 8480 4bf4 804f cc0603f3ec9aCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 20人

文学

王とサーカス

王とサーカス

Bfa203ce cf6b 4708 a116 8282ad3cad0b

悠遊

新しいジャンルを開拓できれば嬉し…

太刀洗が学生から社会人となり、異国の地で自らの仕事の意味と向き合う姿が印象に残った。

1日前

4641b11e 4d6b 4862 935c 0dc1d40f80c4B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06 11