51cot5sy25l

そいつの名前は秋山璃在(リアル)。 スポーツ万能。性格良好。顔がかっこよくて、気もきくから女の子にももてる。勉強も絵も書き初めも、カラオケだって、何をやら... 続き

コメント

☆4
2017年小学校高学年課題図書。
学年イチの人気者リアル、リアルと幼馴染みで彼に少し劣等感を覚えている主人公アスカ、そして転校生サジ。彼らの「リアル」を描いた作品。
ツイッタで「面白いけど小学生には理解できるの?」という感想をちらほら見かけたので気になって読んでみた。彼らの抱えているものを小学校が理解できるかというと、難しいかなと思うけれど、その辺の描写はサラッと軽く、読みやすいとは思った。

児童文学新人賞受賞作品なのに、大人の私は泣けてしまいました。
ふと自分の小学生の頃を振り返って、思い出してみる。「大人の事情は知っていた、理解してはいなかった?でも、悲しかったり、嬉しかったりした。」そう!子供は案外大人なんだろう。随分忘れちゃったけど。
昔と違って、今の子供は多くの情報が降り注いでいる。
それは、それで大変だと思うのだけど。。。
まー大人も案外子供だったりするしね。
自分のリアルな昔を、思い出させてくれた作品でした。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad47c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef

戸森しるこの本

理科準備室のヴィーナス

理科準備室のヴィーナス

40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609

ほんのむし

2018年2冊目。これ、児童書なの…!って、読み終わってすぐ思った。恋なのか憧れなのかわからないけど、言葉で形容する必要なんて、本当はないのかもしれないなあ。熱烈な感情はどんな名前がついていても、自分を変えるような気がしました。 / 20180102

3か月前

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778D71d9191 30eb 43d6 98fd 24f195c8d237