51jcxr9ulcl

エドガー賞、フェニックス賞受賞者で、『こちら「ランドリー新聞」編集部』等人気作品を書いたアンドリュークレメンツの最新作。 6年生のアレックは、本が大好き。... 続き

コメント

主人公アレックがイキリオタク的な良い性格してて、面白いです。

それからこの本の魅力は、海外の実在する本が一杯出てくるところ。
ほんとはそれらをすでに読んでた方が楽しいのかもだけど…

僕が読む本は大抵、日本の児童書なんでね…

でも僕の大好きな「宝島」が出てきた時に、クラブの女の子に「古典」だって馬鹿にされてて。
それをアレックが「本は古いか新しいかじゃない。中身が良いか悪いかで、良い本なら古くならない」って反論してくれて、さっぱりしたよ。

「パンは現代的な食べ物か?」
「パンは大昔からずっとあるし、おいしいもまずいもある。本と同じだよ!」

なんだか負け組クラブを読んでると、1つ1つの本じゃなくて、「本」そのものが好きだ!っていう気持ちが湧いてくるし、
この作者や、他にも色んな人がその気持ちを持ってるんだってことが嬉しくなる。

読書好きな少年が小学校の放課後プログラムの時間で本を読む方法を探した結果、もう一人参加者を探し読書のクラブを作ることを知るのが物語のはじまり。しかしクラブの参加者を増やしたくないという彼の考えから、クラブの名前は「負け組クラブ」というひねくれたものに。最初の参加者の女の子と女の子に気がある男の子とのやりとり。宿題のクラブに入ってほしいと願う両親との駆け引き。作ったクラブが持っている意味、大切さに主人公が気づくことなど。主人公の少年は物語の最初の方では読書に夢中過ぎて学校生活の色々なことができない➡読書に逃げ込むという感じだったのですが、読書クラブを作り参加者と本絡みのやりとりをし、運営していくことを頑張った結果学校生活や勉強にも好影響が出る、という展開が読んでいてうれしい気持ちになる児童文学。本好きの大人でもいけるんじゃないかと。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f648863c9 8c05 4ec5 96a7 6f52d9e58dd4

文学

あなたの人生、片づけます

あなたの人生、片づけます

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

単にモノを手放すということではなく、心が解き放たれるというか、読む手が止まらず一気に行った。片づけ屋のおばはん自身が手を下す訳ではないが、人生の再生を促す手助けをするあたり、なかなかのやり手かも?と思えた。「老後の資金がありません」が良かったので手にしたが、こちらもナイス!

約1時間前

火喰鳥 羽州ぼろ鳶組

火喰鳥 羽州ぼろ鳶組

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

はぐれ火消熱血派。 時代劇というより現代劇で、設定が江戸の火消し、という感じ。あくまでタッチは軽めなのでそこ要注意。史実とか時代考証とかそういうのはよく分からないけれど、時代小説を読んでみたい、そんな人におススメ。

約5時間前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4721ff227 6404 486e a136 194741a375b4