51jcxr9ulcl

エドガー賞、フェニックス賞受賞者で、『こちら「ランドリー新聞」編集部』等人気作品を書いたアンドリュークレメンツの最新作。 6年生のアレックは、本が大好き。... 続き

コメント

主人公アレックがイキリオタク的な良い性格してて、面白いです。

それからこの本の魅力は、海外の実在する本が一杯出てくるところ。
ほんとはそれらをすでに読んでた方が楽しいのかもだけど…

僕が読む本は大抵、日本の児童書なんでね…

でも僕の大好きな「宝島」が出てきた時に、クラブの女の子に「古典」だって馬鹿にされてて。
それをアレックが「本は古いか新しいかじゃない。中身が良いか悪いかで、良い本なら古くならない」って反論してくれて、さっぱりしたよ。

「パンは現代的な食べ物か?」
「パンは大昔からずっとあるし、おいしいもまずいもある。本と同じだよ!」

なんだか負け組クラブを読んでると、1つ1つの本じゃなくて、「本」そのものが好きだ!っていう気持ちが湧いてくるし、
この作者や、他にも色んな人がその気持ちを持ってるんだってことが嬉しくなる。

読書好きな少年が小学校の放課後プログラムの時間で本を読む方法を探した結果、もう一人参加者を探し読書のクラブを作ることを知るのが物語のはじまり。しかしクラブの参加者を増やしたくないという彼の考えから、クラブの名前は「負け組クラブ」というひねくれたものに。最初の参加者の女の子と女の子に気がある男の子とのやりとり。宿題のクラブに入ってほしいと願う両親との駆け引き。作ったクラブが持っている意味、大切さに主人公が気づくことなど。主人公の少年は物語の最初の方では読書に夢中過ぎて学校生活の色々なことができない➡読書に逃げ込むという感じだったのですが、読書クラブを作り参加者と本絡みのやりとりをし、運営していくことを頑張った結果学校生活や勉強にも好影響が出る、という展開が読んでいてうれしい気持ちになる児童文学。本好きの大人でもいけるんじゃないかと。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f648863c9 8c05 4ec5 96a7 6f52d9e58dd4

文学

性食考

性食考

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

岩波書店のホームページで連載された文章を元に編まれたこの本。「食べちゃいたいほど、可愛い」恋人や子供や孫にささやく言葉。人は動物を殺し、食べ、生きる。人は異性と交わる。そして子供が生まれる。食や性を嫌悪すれば、行き着くのは死だ。生きるために殺し交わる我々。『ぐりとぐら』に『あんぱんまん』、イザナキ・イザナミ神話や九相図を辿りつつ、生きることとは、野生とは、文明とはと問いかけてくる328ページ。「あゝ、つらい、つらい。僕はもう虫をたべないで飢えて死なう」。

約4時間前

07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eD3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568 23
書店ガール7 旅立ち

書店ガール7 旅立ち

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

書店ガールシリーズの最終巻。書店のリアルな状況を書いたのだと思うけど、キャラクターがイキイキとするような、もうちょっと大団円的なまとめ方が良かったなー。

1日前