51jcxr9ulcl

エドガー賞、フェニックス賞受賞者で、『こちら「ランドリー新聞」編集部』等人気作品を書いたアンドリュークレメンツの最新作。 6年生のアレックは、本が大好き。... 続き

コメント

読書好きな少年が小学校の放課後プログラムの時間で本を読む方法を探した結果、もう一人参加者を探し読書のクラブを作ることを知るのが物語のはじまり。しかしクラブの参加者を増やしたくないという彼の考えから、クラブの名前は「負け組クラブ」というひねくれたものに。最初の参加者の女の子と女の子に気がある男の子とのやりとり。宿題のクラブに入ってほしいと願う両親との駆け引き。作ったクラブが持っている意味、大切さに主人公が気づくことなど。主人公の少年は物語の最初の方では読書に夢中過ぎて学校生活の色々なことができない➡読書に逃げ込むという感じだったのですが、読書クラブを作り参加者と本絡みのやりとりをし、運営していくことを頑張った結果学校生活や勉強にも好影響が出る、という展開が読んでいてうれしい気持ちになる児童文学。本好きの大人でもいけるんじゃないかと。

その他のコメント

主人公アレックがイキリオタク的な良い性格してて、面白いです。

それからこの本の魅力は、海外の実在する本が一杯出てくるところ。
ほんとはそれらをすでに読んでた方が楽しいのかもだけど…

僕が読む本は大抵、日本の児童書なんでね…

でも僕の大好きな「宝島」が出てきた時に、クラブの女の子に「古典」だって馬鹿にされてて。
それをアレックが「本は古いか新しいかじゃない。中身が良いか悪いかで、良い本なら古くならない」って反論してくれて、さっぱりしたよ。

「パンは現代的な食べ物か?」
「パンは大昔からずっとあるし、おいしいもまずいもある。本と同じだよ!」

なんだか負け組クラブを読んでると、1つ1つの本じゃなくて、「本」そのものが好きだ!っていう気持ちが湧いてくるし、
この作者や、他にも色んな人がその気持ちを持ってるんだってことが嬉しくなる。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f648863c9 8c05 4ec5 96a7 6f52d9e58dd4

文学

どんまい

どんまい

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

一人一人が人生の主人公であることを思い出させてくれた。 洋子のもと夫は許せないけれど。

約22時間前

3c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b8583915fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
18禁日記

18禁日記

15f5969c 4782 4756 bc6f 516c04a8ddf5

i

好きなものを好きなだけ。

一人一人の日記やブログ、メール形式で物語が進んでいく為、短編小説のようで読みやすい。 日記形式の為空いてる行が多く、文字が少ないのもあるけれどテンポが非常に良くラストまでサラッと読めてしまう。 怖いわけでもグロテスクすぎるシーンがある訳でもないけれども、それぞれが狂気に捕われて崩壊していくので、後味は悪い。 が、個人的には好きです。 何気ない普通の生活から壊れていく為、出てくる登場人物の行動に昔そういえばこんなこともあったかも、なんて苦々しく思うところもある。 普通と狂気は紙一重、踏み越えるか踏み越えないかの違いなのかな、と思わせてくれる。

1日前

Icon user placeholder66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 13
涼宮ハルヒの退屈

涼宮ハルヒの退屈

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

シリーズ第3弾。シリーズの中の短編集です。過去2作で定着させたキャラを活かして、ライトにさくさく読めました。これがずっと続くと退屈しそうだけど、逆にこれ以降短編が無いと貴重な短編作として、ファンに人気になりそう、と思いました。

1日前