61x%2bw9cqpxl

大ヒット『りんごかもしれない』に続く、ヨシタケシンスケ発想絵本第2弾。やりたくないことをやらせるために、ニセモノロボをつくることにしたけんた。ホンモノをめ... 続き

コメント

ぼくってどういう人かな、とくり返し考えながら視点を変えて自分を説明してみる。
視点の発想が思わぬところを突いてくるので、だんだんヨシタケワールドに引き込まれてしまう。

自分ってなんだっけ?と原因不明のモヤモヤ時に読みたい本。

ぼくのニセモノをつくるには、ぼくのことを教えないといけない。ぼくっていったいどんなもの?…ほのぼのとした微笑ましさの中で、笑いながら、でも考えさせらる絵本。

ぼくのニセモノをつくるために、「"ぼく"とは何か」を考える絵本。「ニセモノを作ったら色々と便利だし楽しいぞ!」という無邪気な童心から始まった物語は、やがてドコカラドコマデガジブンナノカ?という哲学的かつ本質的な問題へと至る。とはいえ、語り口はあくまでも絵本の世界。ニセモノを作ろうとあれやこれやと考える少年が可愛らしい。

微笑ましい本。
もうバレてる、には笑えた

ぼくにはいろんな側面があって、いろんな居場所があるんだね。自己理解に使えそうな本。

最後の「もうバレてる!」が可愛すぎる(◍´ᴗ`◍)

読者

8886ac39 963c 4bdd 8271 632a2d71869724e90f98 f483 4f76 85b8 35f652759bf291d29260 9261 4bdc a622 3827191fed011eace5d8 9cda 48ab 8a74 c379bfe7d341Cb29e703 6610 483a a7f7 e9c13b9f625f7c4c3b00 0d22 4482 af27 e6bd5954bc7569c05ac9 38e0 434f b90f 97b54962a5e017977d81 f8f5 41e4 8c97 687915298ced 9人

ヨシタケ・シンスケの本

新装版 じゃあ君が好き

新装版 じゃあ君が好き

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed

sasamiwa

ソーシャル系の企画・広報やってま…

「ぼくといっしょにスーパーに行こう」 「そしていっしょにキンメダイの目をつつこう」 これが1番好き。こーゆー意味のない誘いが最高だと思う。

7か月前

はじめての哲学

はじめての哲学

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

ヨシタケさんだったので、なんとなく手に取りました。 哲学者をまとめて紹介してくれているので、バラバラだった哲学者が、頭の中で、時系列に並んでくれました。

9か月前