41e6pdnurrl

ちょっと奇妙で愛しい物語の玉手箱 ヴァラエティ豊かな18篇からほんの一部をご紹介―― 「大聖堂」 家賃は格安で2万円。そのかわり、一匹だけ扶養義... 続き

コメント

その他のコメント

初出を見ると、2013-15年に書かれた「クウネル」の連載(大半はこれ)より、その他の2016年以降に書かれたいくつかの短編は、似ているようで、明らかに違う。これが単に媒体によるものなのか、作者の中で2016年に大きな転換があったのか、知りたい。

読者

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1131525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad48fbc0717 76b9 4e15 a15c 8aabb7a07a2a978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947bBf247541 821c 4c81 837f 4fbd24863c8a5e201216 ab1c 43e1 820f 4fff86d85363 19人

川上弘美の本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

6ff03753 6671 4827 90eb 1c2c21195639

chiii

2019/5月から、Twitte…

「100万回生きたねこ」、読んだことありますか?これは、13名の作家さんが絵本「100万回生きたねこ」へ、作者の佐野洋子先生へ、愛を込めて書いた短編小説集です。 ふと、子供の頃国語の先生に愛と憎しみは一直線上にあるとしたら、対極じゃなくて、隣通しなんだと教わったことを思い出した。生と死もそうかもそれない。時間という線があるとしたら、生まれてから対極の死に向かって生きてるような気がしていたけど、私たちの魂は生と死の狭間で揺れ動きながら、時間のループの中をずっと走っている。どこに辿り着くかもわからないのに。まぁ、生まれ変わってまだ8万回目だから、あと92万回生まれ変わったらわかるかなぁ〜。 (ちょっとでも本の感想を書けばネタバレしそうな気がしたので、絵本も含めて読んで行き着いた自分の考えを少し書きました。お気に入りは、角田光代先生の「おかあさんのところにやってきた猫」) 2019/6読み終え**

28日前

3097db1a b12b 4f5f 9ef0 21799ca65b21D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb85a4b8da4 c3df 4636 870c e4999d538415 11
古道具 中野商店

古道具 中野商店

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

中野商店の日々が綴られています。 店主中野ハルオと店主の姉マサヨとタケオと語り手のヒトミ。 皆の名前がカタカナなのが、不思議な空間をかんじさせる。 なんだか変で不器用な日々、人生という道のチョット外れを歩いている人たちの話。

4か月前

D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449Dcc41de7 3e4a 4a0f 817b a3985c6bb3f3
センセイの鞄

センセイの鞄

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

センセイと月子さんの距離感がとても好きだ。 あたたかくて優しいけど心をすごく揺さぶられた。

約1年前

Icon user placeholderD560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504bC298ae90 b340 4f6f 9091 e1cca053f1e2 21