415ewu4e9jl

コメント

沖縄が日本に復帰する直前から現在までの出来事、街の光景や著者がその時その時で見たこと、経験したものが書いてある本。音楽、映画、ボクシング、戦争、米軍基地、政治など沖縄の色々なことについて書いてあり、著者の柔らかめの文章のおかげでそれらのことをじっくり見ることができる。それでも本に書いてある沖縄のシビアな過去の出来事を読むと頭が真っ白になり、キツい気持ちになるのですが。この本の信頼できる部分は著者の新城さんが冷静に自分の立ち位置を確かめながら沖縄の出来事を語っているところです。暑すぎす、遠すぎす。沖縄の色々な出来事に過去の新城さんと今の新城さんが触れたり考えたりしている。沖縄に暮らす方の話を読んで沖縄を知りたい方に僕は新城さんの本をおすすめします。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

新刊

湯神くんには友達がいない(15)

湯神くんには友達がいない(15)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

湯神くん、一人暮らしをかけての甲子園出場、その結果はいかに…⁉︎ 高校生活もラストスパートで、文化祭楽しんだり、進路を考えたり、後輩の心配をしたり。 何気に湯神くんもちひろちゃんも成長していますね。 湯神くんはマイペースで皆に理解されないことの方が多いけど、いつだって自分に正直で、そういうところは少し羨ましいです。 ちひろちゃんが言ってた、「空気を読め=都合の良い人間になれ」という言葉、考えさせられますね。 ラストの急展開を経て、そして16巻で遂に完結を迎えるらしい。 湯神くんはどんな姿を最後に見せてくれるのか? 楽しみです。

約2時間前