51qg4kqu2pl

恋も愛もすべてはテクノロジーが勝利する。ネットで話題騒然の「恋愛工学」の全貌がはじめて明らかに!現代の男女関係を生き抜くための戦略的恋愛小説。 続き

コメント

この本の目見て口見てのくだり絶対意味ねー!結局最後までやれたけど絶対意味ねー!

その他のコメント

賛否両論ある恋愛工学ですが、「ヤレている男は、いかに女性とヤッているか?」という方法論を体系的に学ぼう!という性欲あり余る男の為のハウツー本として読むも良し。
純粋な文学作品として読むも良し。

ただ女性読者の方は意中の男性が恋愛工学を駆使して貴女に迫って来たとしても変に構えず見守って欲しいと思います。笑

恋愛工学を使いこなせる男=世間的にモテる要素(外見・仕事・財力)が整っている、ということであり、そのモテる男性が「数多くの女性の中から貴女を選んでいる」という事実を素直に受け入れて、その場を楽しんだ方が幸せなんじゃないかな、と思います。

読者

73e6cea9 3690 407d 9f1c 174ba3a7ccfdA12aa876 bede 4f3d a001 9acab97c7178Icon user placeholderD822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f1285b58bc1 b3fe 4e4e 929c 343e077d2c7b5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5Dc7f367e da15 4f41 a527 0fca57a70e99Cd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e818 33人

藤沢数希の本

ぼくは愛を証明しようと思う。

ぼくは愛を証明しようと思う。

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

モテることに対して人文学的アプローチをするのが二村さんだとすると、自然科学的に行くのがこの人、って感じ。統計的にセックスまでの最短距離をまとめた技術集。目的の是非は別としてその完成度は高い。小説としては陳腐。

約4年前