51r6tee4hgl

・第一章 「iPad時代の本」を考える  ——本作りの二つのゆくえ ・第二章 表紙をハックせよ  ——すべては表紙でできている ・第三章 テキストに愛を ...
続き

コメント

その他のコメント

過渡期である現在に、それぞれの媒体を真摯に見つめた本。沈みゆく船を笑うでもなく、かといって懐古に浸るわけでもなく。タイトルが秀逸。

紙と電子版、どちらも細やかな配慮がなされた見事なパッケージ。Webで全文公開されていようと、手にする価値がある本。

読者

E3ae656b 89a1 48db 9b5d 86eed26786e57fc36ae6 39a3 435f b6b2 b56e7d6507e6A5bf6e59 1442 45e5 b15e 8f780ca9a836Eec3817e 6dcf 48df 94ce db57c986167d57cea008 5b97 46db 9c3a f2c25b8ec2723192077b bc11 4e41 a676 3d90bade21f167f7a2b2 3359 43b5 b3df ff5061b04740De157457 d81d 4236 837a 630e56b6b010 12人

クレイグ・モドの本

マニフェスト 本の未来

マニフェスト 本の未来

A6397955 7f8b 4ec0 92d4 a0a4eb51dfcc

Yutaro Harada

スティールダーツにはまってます

編集アシスタントした本です。 アメリカで電子書籍の可能性に挑戦し続けてきた29名の猛者たちのエッセイです。 だからこそ、その言葉には重みがある!

4年前