51rwjs%2bmsfl

小さな温泉街に住む小学五年生の「ぼく」は、子どもと大人の狭間にいる。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしく、否応なしに変わっていく自... 続き

コメント

小学5〜6年の男の子も、身体が変化して大変だね。女の子に嫌悪感抱いたり、大人を毛嫌ったり。そんな微妙な心情がありのままに描かれていて、とてもよかったです。
そうか、私達は粒で他の人とも宇宙ともつながっているんだね。科学館でも学んだな。私達は宇宙のかけらだと。
表紙のサルは、ん〜なんだろう?

その他のコメント

とってもとっても良かったですよー。細かく書くとネタバレになるのですが、「自分」という存在は、ひとつの生命体として宇宙と繋がってるんだということを実感できる小説でした。仏教思想をヒントにして創作されたのでは?

不思議な透明感を持っている。

少年から大人になる戸惑いを生々しく描いていた。爽やかな読後感。

読者

07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eD04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef316b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccB66161c7 c6fc 47d8 9359 febfe32390711525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990Icon user placeholder018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587a 50人

西加奈子の本

おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

18日前

A9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696d08a27b67 a736 4d2a 9a8a a0644f0b51c0E408b494 9cb1 4bba 847b 10a4d91e4e9d 27
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

22日前

サラバ! 下

サラバ! 下

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

一気に読めました。 楽しかったし、興味もそそられた。 ただ、上中下とも表装が好きじゃない。 物語は良かったよ。

約2か月前

Icon user placeholder1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc565859d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf 41