410aycpaf1l

東京・神楽坂の老舗料亭「吟遊」で修業をしていた紫紋は、料亭で起こった偽装事件を機にすべてを失った。料理人としての夢、大切な仲間。そして、後輩・悠太の自殺。... 続き

コメント

地元に帰る電車の中で読みました、家族とご飯を食べるのが待ち遠しくなりました。

母の愛は無償の愛である。
これに尽きるだろう。

職場の母、第2の故郷の母、心の母、聖母、実の母。

1人の若者の素直で複雑な心の動きを通して、色々な無償の愛に触れる。

ただ、常に自分に向いているのは、実の母の愛である、そう感じた。
常に自分がどこか正しいと信じてくれる。
誰が自分を責めても信じてくれる。
時に裏切っても信じてくれる。

実家に帰るかな、とりあえず。
飯でも食ってやるか。

読者

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c24fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276fFcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec55380c9e5b34 e634 45da 8420 13ba465719a40d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4Fa203a1e 294c 40d6 b149 1f0f24d11b03Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 10人

原田マハの本

ロマンシエ

ロマンシエ

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

マハさん史上最もチャーミングな男の子が主役! 大好きなアート、そして大好きな人にまっすぐに向き合うその姿はとってもピュアで魅力的だったなぁ〜。 マハさんの作品の素晴らしいところは、アートの素晴らしさと魅力を、すごくわかりやすく丁寧に描いているところ。 アートに興味がある人も、そうでない人もきっと楽しめるはず。とっても大好きな作家さんです。

16日前

687209d1 a652 4449 946e 049464bfe939Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 15
一分間だけ

一分間だけ

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

原田マハ好きだけど、 この本の主人公は最低で本当に読んでいて嫌だった。 こんな人に動物を飼う資格ないよ。 2016

3か月前

285d61d6 b4e4 46ea 8b3d 21ad309a449029c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311