51z7vnehxbl

きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない"私"が出会ったのは手首に傷がある"南さん"とても格好いい"アバズレさん"一人暮らしの"おばあ... 続き

コメント

住野さん期待の二作目。君膵とはまた毛並みの違った話だった。主人公の名前が出てくるタイミングほんとに毎回絶妙過ぎる。ほっこりする話。自分の言葉じゃ良さを表しきれないけど悲しくないのにこんなにぞわぞわする小説どうしたらいいかわかんない。何回も読みたい。

その他のコメント

きっとみんなが悩んだことのある「幸せとは何か」。そして誰もが感じたことあるであろう、子どもの頃の「大人になりたい気持ち」と大人になってからの「上手くいかない人生のもどかしさ」。そんな様々な悩みの答えが見つかるだろう。この本を読んで納得感でいっぱいである。突き刺さるというよりも胸にストンとおりてくる感覚。
読んだ後に暖かく、爽やかな気持ちになる、住野先生はそんな素敵な物語を描くなぁと、前作を含めますますファンになった。いろんな人にこの本を薦めたい。そして読んだ後のその人なりの幸せをきいてみたい。人生とは、○○○。
私もこの先不思議な"縁"を感じることがあれば一生大切にしていきたい。今日はゆっくり眠れそう。

とても暖かい物語だと思った。どうしょうもない後悔を、少しずつ回収していく。

幸せとは?
自分の答えを見つけたくなります。

読者

83b1cea5 818d 4243 9ad0 0f47cb9a6c67Icon user placeholder647499f6 4834 460f 8999 6015628f3811Bee2a507 81c0 4f30 be39 baecaede1b7eC9e678ef 9307 4490 90b6 80f0af42a039Fb6d0db5 86e7 4310 9443 85e613d3a816E6cc0404 6868 4c66 bd72 e2b13cbbbaf2878c12ae 9732 40db bbd8 bd5fd26703fb 306人

住野よるの本

青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

住野よる氏の5作目。大まかにまとめてしまうと 無力なまま理想を追い求めるより、現実に妥協してある程度の成果を得る。これを否定できるか? 与えられたものを取り上げられたからといって、傷ついたと思うのは間違っている。 傷つけられたから、傷つけ返すのも間違いだ。 というところでしょうか。今作は私にはあまり響くところがありませんでした。 序盤にあった、唯一無二のリーダーを永遠に失ったという表現は、終盤になると「?」のような気がします。

4か月前

6c56af2d c95e 4957 b9cf 6b7ed093c6c8Icon user placeholder78331329 dcd5 4624 a961 5f47b84f6b9d 184
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787

Ri

30歳。週2冊

序盤からタイトルの意味を説明してくれるが、その後の物語がさらに意味を深めてくれる。原作を読んでから映画を観ると、文書と映像の表現方法の違いを思い知らされる。 P56「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられている。」

10か月前

932fd6c3 af0f 4b98 a4ca c55c38fec0bc91b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf53ee2e316 aead 475b a773 85068aab073b 242
か「」く「」し「」ご「」と「

か「」く「」し「」ご「」と「

1e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d

meglita

ビールラバー、寿司ジョ

人の気持ちがどっち向いてるか、自分のほうむいてるかむいてないかってよく見えるから、うんうんわかるなぁって絶賛共感しちまった。

1年前

Ebc3f8cf a5b6 4817 a3a7 7af4483b2b3f0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce478331329 dcd5 4624 a961 5f47b84f6b9d 158