51z7vnehxbl

きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない"私"が出会ったのは手首に傷がある"南さん"とても格好いい"アバズレさん"一人暮らしの"おばあ... 続き

コメント

穏やかな小説だった。幸せとは何かをずっと考えさせてくれた。今のわたしにはとても意味のある本だと思った。押し付けがましくない自己啓発本。

その他のコメント

きっとみんなが悩んだことのある「幸せとは何か」。そして誰もが感じたことあるであろう、子どもの頃の「大人になりたい気持ち」と大人になってからの「上手くいかない人生のもどかしさ」。そんな様々な悩みの答えが見つかるだろう。この本を読んで納得感でいっぱいである。突き刺さるというよりも胸にストンとおりてくる感覚。
読んだ後に暖かく、爽やかな気持ちになる、住野先生はそんな素敵な物語を描くなぁと、前作を含めますますファンになった。いろんな人にこの本を薦めたい。そして読んだ後のその人なりの幸せをきいてみたい。人生とは、○○○。
私もこの先不思議な"縁"を感じることがあれば一生大切にしていきたい。今日はゆっくり眠れそう。

とても暖かい物語だと思った。どうしょうもない後悔を、少しずつ回収していく。

幸せとは?
自分の答えを見つけたくなります。

読者

A8188f4b 7bb3 4e50 aa64 1c0fa835cfae72313079 f1e3 4b3b 8784 d0670803ba7bD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c4b3e6c21 0c28 4f50 9133 8a20a35c6d1dF21934ed 8fdb 4265 b66d 18917586d80e3f0cc1e5 ef21 4c22 bb5c 3a3821214ce94807babb cbb7 4407 8f93 6ad7eac443f336fa6db7 dc39 4df8 a22e d47a80ce9067 247人

住野よるの本

青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

住野よるさんの作品が好きなので、読みました。これまでの作品に比べてページ数が多く、後半の2人のやりとりに筆者の熱量を感じます。私自身、登場人物と歳が近いこともあり、共感できる点が多々ありました。思いこみやすれ違いで大きく後悔したことがある人は、必読だと思います!個人的には「青くて痛くて脆くて辛い」そんな作品でした。

24日前

2d9265af b4f0 432a 84ac 206827fb9e8aAbddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad5629B9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0f 143
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787

Ri

30歳。週2冊。

序盤からタイトルの意味を説明してくれるが、その後の物語がさらに意味を深めてくれる。原作を読んでから映画を観ると、文書と映像の表現方法の違いを思い知らされる。 P56「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられている。」

約1か月前

F21934ed 8fdb 4265 b66d 18917586d80eB79d79f4 fc8a 4a44 8cf3 6d6ee513559d425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 143
よるのばけもの

よるのばけもの

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

作者の3作目の本。前作からファンタジー路線になったのでしょうか? 一人の悩みが解決しただけでは周囲は何も変わらないというお話。

約1年前

F21934ed 8fdb 4265 b66d 18917586d80eIcon user placeholderAbddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad5629 131