51z7vnehxbl

きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない"私"が出会ったのは手首に傷がある"南さん"とても格好いい"アバズレさん"一人暮らしの"おばあ... 続き

コメント

穏やかな小説だった。幸せとは何かをずっと考えさせてくれた。今のわたしにはとても意味のある本だと思った。押し付けがましくない自己啓発本。

その他のコメント

きっとみんなが悩んだことのある「幸せとは何か」。そして誰もが感じたことあるであろう、子どもの頃の「大人になりたい気持ち」と大人になってからの「上手くいかない人生のもどかしさ」。そんな様々な悩みの答えが見つかるだろう。この本を読んで納得感でいっぱいである。突き刺さるというよりも胸にストンとおりてくる感覚。
読んだ後に暖かく、爽やかな気持ちになる、住野先生はそんな素敵な物語を描くなぁと、前作を含めますますファンになった。いろんな人にこの本を薦めたい。そして読んだ後のその人なりの幸せをきいてみたい。人生とは、○○○。
私もこの先不思議な"縁"を感じることがあれば一生大切にしていきたい。今日はゆっくり眠れそう。

とても暖かい物語だと思った。どうしょうもない後悔を、少しずつ回収していく。

幸せとは?
自分の答えを見つけたくなります。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ce90cd5279 addc 47df ad8c c9d93a1075048ab15775 d3be 4792 9489 7c2839d96c02A9dd7ea1 c3af 4fef 936c 930350c4b51aEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1Icon user placeholder 156人

住野よるの本

よるのばけもの

よるのばけもの

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

作者の3作目の本。前作からファンタジー路線になったのでしょうか? 一人の悩みが解決しただけでは周囲は何も変わらないというお話。

10か月前

8ab15775 d3be 4792 9489 7c2839d96c02Icon user placeholderF88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3 96
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

以前から気になっていて、文庫版が出ていたので読みました。クラスメイトの秘密を知ってしまった僕と、その秘密を抱える彼女のお話。彼女の考え方には、共感する箇所がいくつかありました。 しかし、登場人物の口調、台詞と台詞の間、言葉の使い方などなど.....が、正直私には合いませんでした。あまりのめり込めなかったので泣くこともなく...話題だったのでハードルを上げすぎていたのかもしれません。正直に感想を残します。

11か月前

1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d3e0c4efb ff04 497a 8d0a 34dfaede7ec352c476aa ab24 4377 a94a 28d0e9581379 93
よるのばけもの

よるのばけもの

Df5425b1 9ddd 448d acd9 5b43037965e8

kaya

雑魚な情報学専攻M2

いじめがテーマなので、楽しいとか面白いと言った印象はない。 終盤に「本当の自分ってどんなだろう?」と考えさせられた。

1年前

A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fA73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6aB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 17