41jjfhcsg2l

東京はもう終わっている。人が多すぎる東京では仕事で頭角を現すのは難しく、少ない給料のほとんどは住居費などの「東京に住むための経費」に吸い取られる。おまけに... 続き

コメント

そもそも自分で仕事を作り出せる人は、どこに行っても生きていけるのかもしれません。ないものがないため、不自由な東京と、ないものばかりなので自由な地方。イノベーションを目指すなら移住は選択肢になりそう。
ただし、与えられる仕事に慣れてる人は、まず考え方から変えないと厳しいでしょうね。雇用がないと嘆くんでは行く意味がないので。
食べ物がおいしくて安いのは本当にうらやましい。

その他のコメント

何か都会暮らしからの解放というか違う生活のヒントを得られるもんかと思って読んでみた。
(実際個人的にはもう別環境での生活となってはいるものの)

ここに書かれているように、地方にきてビジネスを始めたくなる気持ちや環境がのんびりしているところで穏やかに過ごせるのは確かかなと思います。実際に田舎で育って、たまにそこへ帰る者として。

ただ、読んでて地方いいよ、という割には地方をバカにしてるかのような物言いも感じるところが多々あるし、ダメなら東京に戻ればいいという一文が一箇所みられて、不快なことを感じることもありました。

すべて、参考にするぐらいがいいと思います。

読者

805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681Icon user placeholder1f7b8cad fb8c 4657 9733 a52b2a1f26799886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cIcon user placeholder9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Icon user placeholderBb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a 11人

イケダ・ハヤトの本

年収150万円で僕らは自由に生きていく

年収150万円で僕らは自由に生きていく

28a6fa1f fabd 45f4 847f 6d05c9f02af7

Yuka

読書めも。

「あなたは社会のどんな問題を解決するために働いていますか?」 「給料が半分になってもその仕事を続けたいですか?」 この問いに答えられる社会人が、何人いるでしょうか。 「お金を稼ぐために働く時代」の終焉を説き、消費・所有することがいかに時代遅れかを主張するイケハヤさん。 年収400万円のために満員電車に乗り行きたくもない会社で飼い慣らされるよりも、年収200万円でもいいから自分が本当に価値を感じられる仕事を自由にするほうがずっといい。 納得です。 どこの内定先に行くべきか悩んでいたわたしに答えをくれました。 ありがとうございます!

約3年前