41u4brjadpl

まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、... 続き

コメント

読書と読書の間に、休憩の読書として読める手軽さ。ずっと手が出せなかったけど、退屈な長旅列車で読むのに丁度良かったです。スピード感があるような、ゆったり時間が流れているような、変な足取りの本です。登場人物が濃ゆい。

彼は松田龍平さんのためのキャラですね。そして痛快で読みやすかったです。むちゃくちゃだけど、ちゃんと収まる感じがやみつき!

映画も好き。

探偵はBARの様な中年男性2人のドタバタの話し、読みやすいし、面白いし、印象に残る台詞も多々ある。東京の町田の様な町を思いえがかせるので、自分も町田に思い入れがあるので想像しやすく、懐かしい感じがした。

人が人によって(多分)幸せな方向へと向かわせられる物語。

失ったものが完全に戻ってくることはなく、得たと思った瞬間には記憶になってしまうのだとしても。

この後に続く文章がこの小説の全てだと思います。この続きが気になった方は是非読んでみてください。

呑気であっけらかんとしてるようで大事なものが抜け落ちている。何にも頓着がないようで、本当は何かを求めてる。そんな二人。コミカルなところもあるのに作品全体がほの暗い所が凄く好きです。

今更ながら初の三浦しをんさん。
突拍子もない人々が実にリアルに本の中で息をしています。多田の想いは一般的な常識人のものだと思うのだけれど、その殻がちょっとずつ割られていったり自ら割っていくことにより、ちょっとした幸福感に繋がっていると感じました。
三浦しをんさん、続けてしまいそうです。

極力引き受けます。と言いながら結局なんでも引き受けてる。

行天みたいな人面白くて好きなんだけど現実として考えると絶対近づかないようにすると思う。
どちらかと付き合うとかで選ぶなら間違いなく多田にする。
キャラ的には行天なんだけどなぁ。

テンポよく話が進みところどころに印象深い言葉がちらほら。行天には戸惑わさせられるが憎めかなった。

読みやすくてあっという間に読んでしまった。話のスピード感とかキャラクターの緩さが街の雰囲気をよく伝えてるのかな。IWGPを思い出したけど、池袋みたいにエグい街じゃないね、まほろは。

読者

Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec553880c53aa4 34ca 4e28 addc 8b268be3bda406746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28f865cffbd 731a 4678 951e b461b4405005E3ae656b 89a1 48db 9b5d 86eed26786e5E13093ee 1df3 4ff4 9b9a 98d18d2084b9 84人

三浦しをんの本

人生激場

人生激場

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

2018/08/03読了 サッカーの話題懐かしい。そういえばそんな選手もいたなあ。当時はあまり関心がなかったけど、イケメン目的で当時のを観たい。 新幹線の隣の人が気になるのもわかる! 一番気になるのは最後の中国人水墨画家。 少年の絵も描いているのかなあ。 あとイラストが、妖怪アパートシリーズ(YA!版)のイラストも描いている佐藤三千彦さんということを知った…! 絵が似ていると思ったんだよ…! 覚えました…!

約2か月前

B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a539ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c