41u4brjadpl

まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、... 続き

コメント

失ったものが完全に戻ってくることはなく、得たと思った瞬間には記憶になってしまうのだとしても。

この後に続く文章がこの小説の全てだと思います。この続きが気になった方は是非読んでみてください。

呑気であっけらかんとしてるようで大事なものが抜け落ちている。何にも頓着がないようで、本当は何かを求めてる。そんな二人。コミカルなところもあるのに作品全体がほの暗い所が凄く好きです。

その他のコメント

読書と読書の間に、休憩の読書として読める手軽さ。ずっと手が出せなかったけど、退屈な長旅列車で読むのに丁度良かったです。スピード感があるような、ゆったり時間が流れているような、変な足取りの本です。登場人物が濃ゆい。

彼は松田龍平さんのためのキャラですね。そして痛快で読みやすかったです。むちゃくちゃだけど、ちゃんと収まる感じがやみつき!

読者

307feef9 24bf 4511 8ae0 fccfe3cdd396888177fc dbcf 476b b614 f65a06c7e8c8Edcd869d b717 48e7 88d8 8a04119e2b1785e0b03e 4de7 43d6 b236 954e009f312aEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e111a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fIcon user placeholderF3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10 74人

三浦しをんの本

極め道―爆裂エッセイ

極め道―爆裂エッセイ

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

たまに読みます

2018/06/01読了 2000年頃のエッセイだけど、今読んでも面白い。本に出てくる漫画とか小説を読んで見たくなった。そしてまたこのエッセイを読み直して答え合わせしたい。 ボイルドエッグの人たちはみんなこういう文体なのかな?今のボイルドエッグのエッセイ読んでてもこんな感じ。

21日前

天上の飲み物

天上の飲み物

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

kindleで99円だったので購入。 実にサクっと読めた。 会社から自宅最寄り駅まで(20分弱)で充分読み終わるという短編。でも、電子ってコアユーザーを除けばこのくらい短い書籍が求められているんだろうな。読みやすくて手が出しやすい。 ヴァンパイアが「日本の甲州ワインにハマっている」というのはちょっと笑った。 サクっと読めるけど、心にグサっときたりじんわりしたりも。とりあえずワイン飲みたくなる。それも赤ワインを。よし、飲むか。

5か月前

Icon user placeholderDb368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba
舟を編む(上)

舟を編む(上)

32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66

Yui Hiroi

雑食読み。

上下巻。 本も、コンパクトにでっかい話が収まっていて好きだけど イメージしてた絵で読めるのが嬉しい。 うまいことコミカライズされてて面白かった。

7か月前

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

9か月前

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 9