41u4brjadpl

まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、... 続き

コメント

彼は松田龍平さんのためのキャラですね。そして痛快で読みやすかったです。むちゃくちゃだけど、ちゃんと収まる感じがやみつき!

その他のコメント

読書と読書の間に、休憩の読書として読める手軽さ。ずっと手が出せなかったけど、退屈な長旅列車で読むのに丁度良かったです。スピード感があるような、ゆったり時間が流れているような、変な足取りの本です。登場人物が濃ゆい。

読者

50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff05e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc7173613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae68429Icon user placeholderF1c12f28 3dbf 456f ab71 7d63cf97e5765e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d383cafdaae 290f 48b1 ad37 22f93feee9f833c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737 96人

三浦しをんの本

ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

約1か月前

A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fIcon user placeholder71dbc460 3961 49ff 9cd5 df04b18836e1 50
あの家に暮らす四人の女

あの家に暮らす四人の女

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

ゆるやかな女4人の日常を描いていて、何だかこの暮らしに憧れを感じてしまいました。楽しそう。 親族でなくても家族。 同じ空間にいて「いってきます」「おかえり」が当たり前にある家。それって最高! ファンタジー性もあって面白かったです。 私たちはすでにこの世にはいない多くのものに見守られながら生きている。 最後にそう教えてもらいました。どうもありがとう。

4か月前

3bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bdaIcon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 39