510ij vlp1l

ある日、ダメ営業マン・高村瑛太は、はかま姿の奇妙な女性・平塚なつと出会う。彼女は明治時代からタイムスリップしてきた武家の末裔だった-。「剣は心なり」仁、義... 続き

コメント

偶然手に取った本が、友人のおすすめ!
ということで、読んでみました。

古くから、日本人の心として親しまれている『武士道』の入門書としては良書だと思います。

義・仁・礼などの代表的な武士の心から、恥の心や名誉、忠誠などの理解が複雑なものまでストーリー仕立てで書かれています。

それぞれの関係性が流れに沿って解説されているため、分かりやすく、すぐ友人に話したくなるような爽快感のある理解ができます。

ただし、物足りなさも感じるので、
これを読んだ上で、『武士道』の原著や解説本を読んでいくとより深く理解ができるかと思います。

私自身は、恥の心が義の始まりである。という言葉に恥じる心の意味を感じました。
恥は自分を律するためにある感情で、それを感じることは悪いことではない。
恥じた回数が多いほど、自分をより正しく芯のある人間に近づけていくのだと思いました。

次はより専門的な本で武士道の理解を深めていきたいと思います。

読者

7a901c61 8350 4347 8a79 3dcd173a3a93

コミック