51ghdzas5zl

コメント

色々統計や理論は並べているが、止まらないで試すことが仕事を楽しくする手法だということなのですね。仕事のやりがいに関する統計データが一番興味深かった。日本企業が抱えている閉塞感を感じた。政府の雇用に関する対策はこの統計データと比べたときにマッチしているのか疑問だなと思う。労働者を増やせば解決する?それで変わるとは思わない。あと、少し論点を異なるが、国は衰退期を迎えた産業の大企業を守るのではなく、成長期の産業分野にいる中小こそ守って育てていく必要があるのでは?

その他のコメント

-試してみるに、失敗はない。-
休み明けから、1日1日を新しい自分として行動を起こしていきたいと思いました。

ビスネス書のマンガ版が流行っている。

その中では、成功した部類だと思う。

原作のストーリーを漫画にすると、「空港で理屈っぽい外人オッサンが、ちょっと変わったジジイと、一夜だけ話し込む」という、絵面的には少し退屈なものになりがち。

ならばと言う事で、今回の漫画版では「デザイナーを夢見る日本人の若い女性が、ちょっと変わったジジイと、何回かに分けて会う」という、絵柄に変化が出るように工夫されている。

オリジナル版のテイストをうまく漫画独自のテイストにしている。

こんなに良いストリートなら、下手くそな漫画家じゃなくて「商業誌のトップ・クリエータクラス」の漫画家に描いてほしいと思ってしまう。

きこ書房みたいな、ショボい出版社じゃ無理な話だが、小学館とか、講談社とか、そのあたりの漫画家の絵で読みたいな。
などと考えてしまう。

読者

Icon user placeholder77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4D4ef5372 51bd 41b0 92e2 7f371b7871a0Db368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028baE85534e7 2bdb 4c35 aebf a6579fe16621664a812f 8337 4789 b893 c59f7601272b6dc5c157 0629 4f54 8cc6 9537e8b0eee7 7人

デイル・ドーテンの本

『まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?』

『まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?』

12b011c4 620a 44ff 8a3f 55e3707f7c49

T.S

マンガな分相当手軽に読める一冊。 とにかく何でも試してみる回数を増やすこと、明日を今日と同じ日にしない(脱マンネリ化)ことがエッセンスと理解しました。 絵もクセがなく、ビジネス書のマンガ化としては上手に描かれている印象のため内容がスッと入ってきました。

12か月前

仕事は楽しいかね? 2

仕事は楽しいかね? 2

4f42c677 2f1f 4b12 88d4 1be0475bf81d

Bunzo Tonoike

本を読むのが好きになりました

ほんものの上司とは。 じぶんがほんもの上司にならなければ、ほんものの部下は見つけられないんだろうな。 管理者や自分に部下がいる人、これから上司になる人へのヒントが詰まっていると思う。

1年前

75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03D38c464d 4611 4a24 8823 8fea5cea382dDc1b0189 08a9 4e98 bf46 0b9e96f2d371