41ju89mlyll

昭和36年、学校教育に不信を抱く千明から学習塾の立ち上げに誘われ、吾郎の波瀾の教育者人生が幕を開ける。昭和〜平成の塾業界を舞台に、三世代にわ... 続き

コメント

話が飛ぶ場所が多く、置いてけぼりを食らうこともしばしば。
それでも、面白いと感じたのは教育に興味があるからかなぁ。
塾に行くのが当たり前の世の中に、もっと子供もと向き合って
何が必要なのか、考えていこうと思った。

その他のコメント

塾を創設した夫婦に始まり、教員になったその娘、学習支援団体を立ち上げたその息子…教育に向き合い続ける親子三世代と取り巻く家族の人生を描く。

人は何の為に知識を得るのか、教育とは何なのか。

良書に出会ったな、と心から思いました。

「学習塾」業界を舞台に、昭和36年から現在に至るまでの、「教育」事情をテーマに綴られた物語。

様々な社会的背景は変わって行けど、子どもたちへの「教育」の方法は何一つ変わらない。

本作は、ある一家の三世代に渡る「教育」の物語だけれど、今後の世代にも、ずっとずっと、この「みかづき」の物語は続いていくのだな。そのように感じさせられた、とても深く、考えさせられた作品でした。

読者

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73710579d5c b625 4f9a a050 0f32739a50e7D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd293221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholderC83c56a7 bc1d 43a3 adb9 6efaab245da5B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947F749d092 b7b0 41b1 982b 6eba97299850 94人

森絵都の本

クラスメイツ

クラスメイツ

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61

さぼてん

小説が好きです。

クラスメイト24人のうち後期の12人。 後期は、色々なことを乗り越えて少し大人になった生徒たちに会えた。 恋愛面がとても可愛らしい。 えっ、あの子はこの子が好きになったんだと、読んでいるこちら側もウキウキしてしまう。 後期の子達は、少し大人になって、自分が先生になったかのように寂しくなった。 文体は簡単で内容も面白いので、小説を読み慣れていない方にオススメしたい。

3か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deIcon user placeholder 8
クラスメイツ

クラスメイツ

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61

さぼてん

小説が好きです。

中学生のクラスメイト24人の悩みや葛藤を、前期と後期、12人ずつで分けてある。 こんな奴いたなぁ、こういうことで悩んでたなぁと懐かしく思える部分がたくさんあった。 前期の12人は、新しくできた友達とどう接していけば良いかわからない、クラスで目立つためには、などの可愛らしい悩みが中心だった。でも、彼らはそれを必死に悩んでいた、それがまたいい。 とてもわかりやすく、話のつじつまが合っていくのが面白い。後期はどんな12人に会えるのか。

3か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d384e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1ccDbb10161 0a0e 4c2c 93ce 704b535fdbeb 10
みかづき

みかづき

57502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e058

T2

ビジネス書、SF、愛娘と共に楽し…

☆3.5 買ってからしばらく積ん読してあったのですが、NHKでドラマ化されると聞いて慌てて読了。2019年初めて読んだ本になりました。 自分と同年代の作者が、「塾」を題材にどんな小説を書いたのか気になりましたが… んんんん,ちょっと物足りない。この方、複数のメインキャラを交錯させながらそれぞれの視点で書くのが得意技なのかなという気がしますけど、今回はもっと誰か一人の視点で掘り下げても良かったのかなあ。

4か月前

Dd68cf61 1373 422d b23d ecb993c4a24cIcon user placeholderIcon user placeholder 27