414cw2io6nl

始めたばかりの猟で遭難してしまった潮田亮二、35歳。相棒の猟犬と共に途方に暮れていたところ、無愛想な猟師・大高に助けられる。 かねてからジビエを料理したい... 続き

コメント

猟師・大高と、うだつの上がらないシェフ潮田。2人が影響し合いながら変化していく。
大高の命と向き合っている姿に、胸を突かれた。
肉を食べながら、それを取った猟師を非難するような浅はかな者も多い。
ジビエには、それなりの理由と訳があることがよくわかった。
「いただきます」この言葉をキチンと理解しながら、食事をしなければと思う。

その他のコメント

フレンチレストランのシェフである主人公 潮田
ジビエを提供するため 愛犬と共に狩猟に出かけ遭難し 助けてくれた大高と今後付き合いが始まることとなる

大高がなぜ今の生活を送るようになったのか 理由は定かではないが 猟の腕前は確かなもので 主人公のお店にもひよどりや鴨などを仕入れてくれている

誰もが煩わしさや面倒くささを感じるからといって 他人と関わらずに生きることは無理だけど 大高のようになるべく最低限の付き合いにとどめ 自由気ままに生きている人との出会いは 潮田にとっていい意味での変化をもたらしてくれたのだろう

タイトルと表紙に惹かれて購入。京都のフレンチレストランのシェフが物語の主人公。ある日愛犬ピリカと山に野禽の狩猟に出かけ遭難しかけたところを猟師の男に助けられたところから物語が始まる。主人公は35歳、猟師の男もほぼ同じ年という設定なのだが、最初の頃はずっと年上の中年の男を想像して読んでいた。主人公のシェフは地元の人間ではない設定なのでそこはいいとしても、物語の舞台は京都なのに登場人物は誰一人関西弁? を話さない。そこに代表されるように、登場人物一人一人の背景があまり深く描かれていない気がする。特に猟師の男。なぜ一人、山奥に暮らし、狩猟を生業としたのか。一応サラッとは触れてはあるのだが、もっともっと深くえぐってほしかった。全体的に物語に厚みが感じられないのだ。できれば、そこら辺を続編(が出ればの話だが)で描いてほしい。とはいえ、物語に登場するジビエ料理にはそそられる。以前からジビエに興味があったので、これを機に一度食べに行ってみようと思う。それと著者の「タルト・タタンの夢」がずっとKindleの中で眠っているので、これも読んでみようと思った。

読者

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a 3人

近藤史恵の本

アンソロジー 捨てる

アンソロジー 捨てる

F7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64d

福猫

本好き、猫好き よろしくお願いし…

貴方には捨てたいものがありますか? あります。誰の心の中にもありますよね? 怖くて、面白くて、ゾクゾクします。

8か月前

わたしの本の空白は

わたしの本の空白は

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

記憶喪失になった主人公の話 目が覚めたとき ここはどこ? 私は誰? 状態ってめちゃくちゃ怖い 会いに来た家族を見ても 知らない他人に映るってことは 本人にとっても不安だし 忘れられた周りの人にとってもショックだと思う 主人公が少しずつ記憶を戻すキッカケになったのは夢でした あとは身の回りにある物や携帯を調べたり 昔の携帯に残っていたメールから 過去の自分を知ることとなった主人公が新しい人生を歩んでいくことにしたのは良かったと思いたい

12か月前

3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c482d8198c1 1600 48f1 87c7 bdb334078bf7 16