Btn appstore Btn googleplay
319pt 6w07l

コメント

2018/11/17読了
弓子の他人との距離感の遠さとか、シズに苦手意識を持つところとか自分に重ねてしまう。楓さんの子供とか大人とか男とか女とか、ラベリングしないで個人として好きか嫌いかを言えるところは好ましくて憧れる。そんな楓さんでも家族にうまく嵌れない葛藤を抱えてるのがミガワリサマのくだりでわかって切ない。今は親の世代より生き方が多様になって、女の人の人生の選択肢が増えて、だけど「世間体」とか「普通」とかが無くなった訳じゃないから生きづらさは無くならない。これまでの寺地さんの作品より、ドロドロして生々しい感情の部分が増えた気がする。

その他のコメント

みんな弓子であり楓でもある

夫と別居中の弓子39歳と、無職になったばかりの楓41歳は同じアパートのお隣さん同士。なんとなく仲良くなって、楓の失業祝いをするほどの間柄になりました。
そんな2人が旅に出るのですが、目的は失踪した弓子の夫を探すこと!
美人で男好きな楓と、のんびりした弓子のペースはかみ合わないし、目撃情報のあった町に住む夫の親戚は怪しいし…。弓子の夫は見つかるのか? 楓の再出発は⁉︎
登場人物の誰もが弱さを抱えていて、どうにかこうにか生きています。だって、人間なんて脆くて不器用な生き物ですもん。友人がいても、家族がいても、結局、決断は自分で下すしかない。楓と弓子の友情と自立が眩しくなる、そんな物語です。

読者

90555fb9 81fb 4433 af61 39c035083a4d44e8a4e8 0245 4a26 8ce1 1885fc395341Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d29218470823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f8999a782 18c5 4fdc ba2b c315142ed1065e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 13人

寺地はるなの本

今日のハチミツ、あしたの私

今日のハチミツ、あしたの私

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

2年間同棲した安西に連れていかれた故郷で彼の父親に結婚を反対された碧。 彼女は、中学生の頃に偶然出会ったハチミツを手掛かりに、頼る人もいない場所で自分の居場所を求めて孤軍奮闘する。 食べ物をテーマにした小説はどれも好きだ。 登場人物が何かしら食べていてくれると、心底安心して先を読むことができる。 拒食症に悩んだ碧の、どんな時も自分と、そして目の前の人にちゃんとしたものを作って食べさせようとする姿勢に共感を覚えた。 蜜蜂たちが懸命に集めた金色の恵みが、人間の寂しさや悲しみを癒す薬になる。 それは人間の毎日が、小さな自然の恵みによって支えられていることを再認識させてくれる。

11か月前

6knkdwrq normal3c7689f7 aa01 4d6b 9051 386f4cf9b954Eb816203 c195 4d42 99c6 a4624202909d 34