61gg%2buym ml

箱根に出かけた病弱若だんなの身に、一体何が? 累計800万部を超える「しゃばけ」シリーズ最新刊! 自称「若だんなの生まれ変わり」という死神が、三人も長崎屋... 続き

コメント

その他のコメント

年中寝込んでいる体が弱い若旦那と妖たちのてんやわんやを描いたしゃばけシリーズの第17弾。
今回は輪廻転生にまつわるお話5編。

親しくなればなるほど大事に思えば思うほど失うことへの恐れは大きくなる。
考えても仕方のないことと分かっていても先の事が不安でたまらなくなる。
それでも、だからこそ、今を大切に生きるのだ。というお話です。
若旦那は相変わらず病弱で何一つお店の仕事はできていないけれど随分と大人になったのだなぁと、この長いシリーズを読み続けてきたファンとしては感慨深いものがありました。

あまりに感慨深すぎて「あれ?これでとうとうシリーズ最終回かしら!?」と思ってしまったほど(笑)
そうではない事を祈ります(笑)

若旦那とは、随分長い付き合いとなりました。
登場人物や妖の数が増えてきました。離れの部屋は、溢れそうです。
妖達の寿命は長い。
いつまでも一緒に!願いは叶わないことはわかっているのですが。。。残す者と残される者とどっちが辛いんでしょう。
ぼちぼち、人間との結び付きも強くして欲しいと願うばかり。

妖は人に似て全く違う。小鬼は可愛い。兄さんはカッコいい。神様も怖い。栄吉の菓子はまずい。若旦那は、賢くて優しくて、最強に病弱です。これがわかっていれば、シリーズものですが何処から読んでも面白いです。

読者

E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bIcon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad487d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d 4人

畠中恵の本

おおあたり しゃばけシリーズ 15

おおあたり しゃばけシリーズ 15

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

大好きなしゃばけシリーズ。今回もドタバタ、ハラハラ、そしてほっこりするお話5編。 相変わらず寝込んでばかりいる若旦那も少しずつ大人になり、若旦那を取り巻く妖たちもどんどん人情に厚い下町の江戸っ子化しているのがおかしくも感慨深いです。 最後に収録されている日本橋のリアル大旦那と著者との対談もとても興味深く楽しかった。

11日前

しゃばけ漫画 仁吉の巻

しゃばけ漫画 仁吉の巻

607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623

千魚

2018,8,30開始

古本屋で購入。原作をそのまま漫画化したお話もあれば、漫画家さんオリジナルもあり。佐助の巻も同様。個人的には、原作に沿ったものはおもしろいけど、漫画家さんオリジナルは二次創作の域を出てない気がして微妙。原作への愛が強い人にはオススメしない感じでした。

3か月前

なりたい

なりたい

607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623

千魚

2018,8,30開始

序章がついてる形式はこの数冊前からかなぁと思うものの、「この序章からああ繋がるとは思わなかった」という度合いは一番です。そして相変わらず、ほっこりしました(#^_^#)人間だってあやかしだって、一生懸命生きて、悩んでるんだなぁ……。

3か月前

6f27cae7 1d4f 4a57 87d1 86819fbbae209886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
ぬしさまへ

ぬしさまへ

607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623

千魚

2018,8,30開始

一巻『しゃばけ』が一冊まるまる一つの話だったのに対し、こちらは短い話がたくさん楽しめるのが好きです。短くても、どれもひねりが効いていて、とても読み応えがありました。

3か月前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdAf862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097b 14