51byqgubjxl

コメント

ロシアの今の若い作家の作品を読んだことがなかったので、いやはや、すげえなと思いましたよ。ロシアの古典以外だと、SFしか読んでないので、この作品集も、SFぽくもあり、ホラーぽくもありで、面白いです。すげえし、こんなん書けるなんて、かっけーな、と思いましたよ。

読者

Aea5d3b6 668d 4ea9 a2cf 5ce45158a91bFe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c64d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce347e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a 7人

文芸

妻が椎茸だったころ

妻が椎茸だったころ

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

妻が椎茸だったころが1番好き。 料理をしていると感じてくる雰囲気も重なる。 猿宿もハクビシンも英語力の低さのせいでやんわりとしかわからない話もすべてが独特だけど皆理解できる空気のある本。お気に入りの本に。

1日前

Icon user placeholderC477fbc7 4906 444f 8822 1ae20345f0c47e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d 12
負け逃げ

負け逃げ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

沢山の本が読めますように。

連作短編。「僕の災い」「ふるさとの春はいつも少し遅い」が良かった。

1日前

十二番目の天使

十二番目の天使

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

はじめの3行読んで、「二度目」だと気がついた。 ストーリーは典型的な「泣ける」である。私は、泣ける本に泣かされるのは嫌いだけれど、そんな重かったっけ? 読後、不思議な清涼感! ああ、そうだった。これだコレ!と納得。 そーですね。そーです。はいはい。 しっかり泣いてしまいましたよ。 地道にチャンと生きることを誓います。

2日前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Icon user placeholderCe5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9 12
三人屋

三人屋

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

三人姉妹。ラプンツェル商店街。 両親が残してくれた喫茶店「ル・ジュール」。 ル・ジュールで、三人姉妹が下から順に、朝の喫茶店、昼のうどん屋、夜のスナックを切り盛りしている。 仲が悪いのか? 当人達も、しっくりいってない風だけど、三人姉妹は、よく似てるし、何より家族愛が深い。あまりにも愛が深すぎて各々溜め込みすぎなところも。 でも、姉妹や姉妹に関わる人達が、足りないところを、いい感じで補いあって。 人情味溢れてます。

2日前